1

Sense Blazer 200 Mod Kit by Sense tech and TFV8 RBA Kit

Sense Blazer 200 Mod Kit by Sense tech & TFV8 RBA Kit

風邪ひきました。

さすがにこの気温がコロコロ変わるのにやられたようです。
この時期はさすがに体調に来ますね。

今日はSense Blazer 200 Mod Kitです。

以前、Blazer 200 Tankをレビューしましたがそれのセット版です。
なぜ今更送ってきたし。

Healthcabinさんから提供頂きました。

というわけでHealthcabinさんオファーありがとうございます!
Thank you for an offer Healthcabin!!

RTAのほうはなんだかんだで、ずっと使っています。
おいしいのよね、でかいけど。

vape-devnull.hatenablog.com

簡易スペック

  • MAX200Wまで
  • マグネット式バッテリードア
  • 局面にOLEDスクリーンを配置(英文だと水平だけど、まぁこっちのほうがわかりやすいでしょう。
  • 3ボタンのみでコントロール可能
  • ラウンドデザイン
  • USB充電可(バランス充電かどうかは検証中
  • SSの510スレッド
  • コンタクトはスプリング式
  • 18650*3

こんな感じ。

箱とか外観

 

でかい化粧箱に入ってます。
届いたときは何が入ってんだコレ?ってなりました。

この見た目は結構というかかなり好き。

モノトーンいいゾ~

付属品はUSBケーブルと替えコイル、Oリングとガスケットです。

アトマのちょっとだけ掘り下げた解説

シルバーとブラックの比較。

ブラックのほうは、TFV8のRBAつけてます。

ちょっとヘアラインが深い気がするね。

ついでに、RBAキット使えるかどうかですが無事使えました。

ついでにこっちも解説しよう。

自分が買ったのはV8 RBA-16です。
なんかRBAといってもいろいろあるんだけど、とりあえずこれを買ってみた。

中身。

RBAキットと付属品。

デッキはこんな感じの、クランプ式のボトムエアフローです。

ゴリゴリなクラプトンが入っていましたが、
あえてリビルドします。

26ゲージツイスト3φ8巻で。

0.3Ωくらいになる見込み。

ビルドのしやすさは特に可もなく不可もなくといった感じ。
慣れりゃどうってことないです。

コイル自体が結構高さあって、下部からリキッド供給するのでコットンは少し長めに。
ジュースチャネル自体は大きめだけどコイルの内径でかくしているのでちゃんとすくといい感じです。

供給を妨げないようにジュースホールのほうもほぐすのを忘れずに。

とりあえず、0.32Ωになりました。
45ワットで吸ってみる。

すごくミスト細かくてうまい。

RBAもいいね。
どうしても既製品だとガンクすごいリキッド吸いにくいし、
このアトマ買うならRBAも買っておくといいと思います。

Modの解説

正面。

局面にOLEDあるのはオシャンティーでいいね。
見た目も好きです。

バッテリースレッド。

ちゃんと±もみやすい位置に書いてありますし、金メッキされていてきれいに作ってあります。

蓋は結構硬いマグネットなんで開けるときに勢い余ってケガしないように注意。

ベントホールは底面にあります。

OLEDの輝度も問題ないです。

ファイアボタン。

このヘアラインはきれいだね。
押し心地はカチカチいう感じです。
まぁ好みかな。

自分ははっきりしてるほうが好み。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

操作方法

  • 電源オン/オフ:5クリック
  • Power/TC切り替え:3クリック+ ±でモード選択、ファイアで決定

これだけです。

TCはNi/Ti/SSの三種類。
TCRとかそういった機能はないです。

シンプル。

まぁ200W出るMODで細やかなTCがいるかっていうといらないからね。
いいんじゃないかなこれで。

510スレッド。
ちょっと周りがくぼんでます。

なんか意味があるんでしょう。
スプリング式のコンタクトピンです。

使い勝手とかまとめ

3本バッテリーのMODは初ですが、
ビルド台としてもよし
家でダラダラ吸うのもよし
レスポンスも結構よい
な感じで結構気に入ってます。

自分は手でかいのであれですが、
握り心地も悪くない。

3本もバッテリーあるので充電頻度も下がって楽。

何よりモノトーンでオシャンティー。

まぁ高級感とかでいえばそうでもないっちゃそうでもないですが、
単純にデザインもいいので自分はオススメな品物だと思ってます。

これでもかとでかいアトマも乗るしね。

フィッティング

Blazer 200 Tank ブラックと

Blazer 200 Tank シルバーと

同じSenseのHerakles RDA 24と

購入リンクとか

Sense Blazer 200 Mod Kit with Blazer 200 Tank Atomizer: www.healthcabin.net

Sense Blazer 200 Tank 6ml Black: www.healthcabin.net

Sense Blazer 200 Box Mod: www.healthcabin.net

ぽちってもいいのよ

The Sense Blazer 200 Sub-Ohm Tank is the premiere flagship platform from one of the most revered tank manufacturers in the industry, elevating the most popular coil released this year, the 1.8 ohm Reverse Sandwich Coil, to a triple configuration that also features cross compatibility with the SMOK TFV8 Cloud Beast platform.
0

Hotcig Smart Tank Atomizer 2ml Silver Healthcabin Review

Hotcig Smart Tank Atomizer 2ml Silver Healthcabin Review

Атомайзер для электронной сигареты Hotcig Smart

Самый маленький не обслуживаемый бак. Если коротко, то внимания не стоит. Подробнее под катом.
Приехал девайс из магазина HealthCabin EMS’ом за 10 дней.

Упаковка

Поставляется бак в коробочке стилизованной под кожу.

Справа скретч код для проверки оригинальности. На всех остальных сторонах пусто.
Спереди название девайса и защёлка на магните.
Комплектация стандартная.
Сам бак, 2 испарителя, запасное стекло, о-ринги и краткая инструкция на английском и китайском языках.

Конструктив

Размер

  • Диаметр — 22 мм
  • Высота без дрип типа — 26.4 мм
  • Высота с дрип типом — 33.9 мм

По заявлению производителя данный бак является самым миниатюрным атомайзером, работающим на необслуге. Выполнен из медицинской 316-ой нержавеющей стали. Доступен в стальном и чёрном цветах. Разберём.

Стальной 510-ый дрип тип.
Внутри пластик. Удерживается на двух о-рингах.
Верхняя часть топ кэп, отвечающая за доступ к верхней заправке. Стоит отметить, что откручивается она по часовой стрелке и закручивается, соответственно, наоборот. Из-за уж очень мелкого размера откручивать не всегда удобно.
Далее основная часть топ кэпа с 4 отверстиями для заправки.
В центр вкручивается испаритель.
Стекло этого бака, как мне кажется, долго не проживёт. При каждом откручивании всего топ кэпа отчётливо слышно как стекло потрескивает и в любой момент может лопнуть, вонзив осколок в руку. На фото можно разглядеть микросколы и микротрещины. Хоть в комплекте и есть запасное, но для длительной эксплуатации этого будет мало.
База. По резьбе накручивается испаритель.
На дне нерегулируемый латунный пин, название устройства и серийный номер.
Предустановленный испаритель на 1.2 Ом для использования на 12-18W. С мощностью в 20W тоже справляется. Также в комплекте ещё один испаритель на 1.8 Ом для использования на 8-11W.
При желании испаритель можно обслужить самому. Та же система, что и на койлах для iJust, Lemo и т.д. Ещё один вариант допиливания — натянуть на пин испарителя какой-нибудь о-ринг, тем самым получив более тугую затяжку.
За обдув отвечают 5 отверстий по обе стороны базы. На полностью открытом обдуве затяжка самую малость туже, чем на баке iJust 2, т.е. относительно свободная. Тяга становится более-менее похожей на сигаретную только на 1 открытом отверстии. Однако любителям потуже придётся колхозить подачу воздуха на испарителе.
Тестировал испаритель на 1.2 Ом. На открытом обдуве и 20W получаем только небольшое количество пара без какого-либо намёка на вкус. Просто набираем воздух и выдыхаем безвкусный пар. К сожалению, такая же ситуация и при 1 открытом отверстии обдува. Разные жидкости, разное соотношение пг/вг появлению вкуса не поспособствовали. Единственное, что ощущается — это ТХ при использовании жидкости с повышенной крепостью.

И ещё немного фото напоследок.
Наиболее гармонично атомайзер выглядит на таких же компактных боксмодах.

Вывод

Плюсы:

  • Миниатюрный размер
  • Простота использования

Минусы:

  • Отсутствие вкуса
  • Слишком нежное стекло

Гурмана, любителя настоящей сигаретной затяжки, данный атомайзер не удивит, т.к. тут только некое подобие той самой тугой тяги и полнейшее отсутствие вкуса. Единственное, что действительно удивляет — это размер. Если вам нужен максимально компактный стелс сэтап и единственное требование от бака это получение дозы никотина без смакования жидкости, то рассматривать этот девайс можно. В противном случае, на рынке уже давно образовались атомы с сигаретной затяжкой, отменной вкусопередачей, да и на обслуге ко всему прочему, которым обозреваемый девайс явно неровня.

Товар предоставлен для написания обзора магазином. Обзор опубликован в соответствии с п.18 Правил сайта.

http://vape.healthcabin.net/wismec-predator-228-elabo-tank-atomizer-review/
0

LAVA-D 24MM RDA by Murdex

LAVA-D 24MM RDA

先にこれどう?って聞かれたのは, LAVA-D,RDA, Murdex
同メーカーのRTAなんですけどこれも入ってました。

まだ商品ページないので、
これから追加するのかな?

RTAはいろいろ試し中なので、
サクッと決まったRDAからレビューしていきます。

パッケージと内容物

箱です。

まぁ普通です、
コンタクトのほうの写真のほうからスコッと抜けます。

多分買った人にはわかる!
そして絶対に開け方迷うので書いとく。

説明書とワランティカードとか。LAVA-D,RDA, Murdex

本体と、替えのガラスチューブとアレンキー。

芋ネジとOリング。

付属品は普通ですねー。

ガラスに換装するとこんな感じ。
ちょっと変かな。

仕上がりは変な光沢感もなくて、
安っちくないしきれいです。LAVA-D,RDA, Murdex

結構いいお値段するところとパッと見は大差ないです。
ホントにね。

簡易スペック

  • 24ミリ径
  • 全長46ミリ
  • SS304製
  • 3ポストデッキ
  • コイル選択機能?あり
  • エアーフロー調整可能
  • シングルビルド可能
  • ボトムエアフロー

こんな感じですねー、LAVA-D,RDA, Murdex
ここのアトマはちょっと変な機能があるのでこのあと説明します。

目玉機能やデッキの紹介

いきなりデッキの紹介ね。

真ん中がポジティブ。
左右のネガティブがA、Bってなってます。

で、別どりの写真になっちゃうんですが

LAVA-Dってロゴの上に▲とAってあるじゃないですか、
これで通電するコイルを選択できます。

これだとAなんで、Aのネガティブに刺さってるほうが通電。
ABだと両方。BだとBに刺さってるほうだけ。

こんな感じね。LAVA-D,RDA, Murdex

こんな感じでコイルセットして

片側だけ通電とかできるわけです。

面白い機構だねー。LAVA-D,RDA, Murdex

  • メリットとしては抵抗値の全く違うコイルを一回のビルドで使い分けられる
  • チタンとカンタルでバラバラに組んで気分で温度管理/VWを楽しめる
  • 両方カンタルで組んで、シングルコイルとして使ってガンクたまってきたら綺麗な片側に切り替える

とかいろいろ考えたけど、
俺には特にメリットは思いつかなかった!

まぁ面白い機能ではあるよね。LAVA-D,RDA, Murdex
コイルを片方しか使わない状態だときちんとシングルコイルの抵抗値になるし。

誰かこう使うんだって例を示してほしいよね、うん。

ビルドして吸ってみる

まぁさっき巻いちゃってるんだけどね
しかも中央に寄せない意識低い系ビルド。LAVA-D,RDA, Murdex

まぁこの形状だと寄せても寄せなくてもエアーの当たり方一緒なんですけどね。

カンタル26ゲージ 3φ7巻き(だったはず

0.5Ωくらいですね。
このくらいがなんだかんだで一番好きです。

コットン適当に通して、
吸ってみますー。

リキッドはまだ研究段階のキーライムクッキークローン。

0.5ΩなのでDNA75で25ワットくらいです。

これは…

ミストがいい感じに細かいです。LAVA-D,RDA, Murdex
つーかKennedy丸パクリのTSUNAMIよりこっちのほうがKennedyに近いね。

ミストの細かさといい、味の出方はKennedy系って感じ。
さすがにあちらは100ドルとかなんで、味の濃さとミストの細かさでは負けますが、
これは値段の割にホントにおいしいぞ。

あー、これいい。
特殊な機能抜きに味って面でもオススメ。

あとはシングルにもできるし、
エアーも絞れる。LAVA-D,RDA, Murdex
あとチャイナオーセンにありがちなめちゃくちゃ固いトップキャップ。
こいつは違います、いい塩梅で外れます。

硬すぎず、緩すぎずでいい感じですね。
中国製品はホントゴム関連ウンコなんで、
ここはいいね。

いや、質的な意味ではあれだけど、LAVA-D,RDA, Murdex
ちょうどいい硬さに作ってあるってすごいことだよ?

トップキャップかぶせるときにエアホール気にしなくていいし、
TSUNAMIに味を期待して買うならこっちのほうがいいね。

ただし個人差がありますLAVA-D,RDA, Murdex

フィッティングコーナー

結構あってる気がする。LAVA-D,RDA, Murdex
DX75自体スリムだしいい感じですね。

チューブにはあんまり合わないね。
SSのチューブなら多少合うかも。

ゴリゴリに攻めるならコレ。

ぽちってもいいのよ

まぁさっき巻いちゃってるんだけどね
しかも中央に寄せない意識低い系ビルド。LAVA-D,RDA, Murdex

まぁこの形状だと寄せても寄せなくてもエアーの当たり方一緒なんですけどね。

カンタル26ゲージ 3φ7巻き(だったはず

0.5Ωくらいですね。
このくらいがなんだかんだで一番好きです。

コットン適当に通して、
吸ってみますー。

リキッドはまだ研究段階のキーライムクッキークローン。

0.5ΩなのでDNA75で25ワットくらいです。

これは…

ミストがいい感じに細かいです。LAVA-D,RDA, Murdex
つーかKennedy丸パクリのTSUNAMIよりこっちのほうがKennedyに近いね。

ミストの細かさといい、味の出方はKennedy系って感じ。
さすがにあちらは100ドルとかなんで、味の濃さとミストの細かさでは負けますが、
これは値段の割にホントにおいしいぞ。

あー、これいい。
特殊な機能抜きに味って面でもオススメ。

あとはシングルにもできるし、
エアーも絞れる。LAVA-D,RDA, Murdex
あとチャイナオーセンにありがちなめちゃくちゃ固いトップキャップ。
こいつは違います、いい塩梅で外れます。

硬すぎず、緩すぎずでいい感じですね。
中国製品はホントゴム関連ウンコなんで、
ここはいいね。

いや、質的な意味ではあれだけど、LAVA-D,RDA, Murdex
ちょうどいい硬さに作ってあるってすごいことだよ?

トップキャップかぶせるときにエアホール気にしなくていいし、
TSUNAMIに味を期待して買うならこっちのほうがいいね。

ただし個人差がありますLAVA-D,RDA, Murdex

The Murdex Halo-T can be assembled with 2ml or 5ml e-liquid capacity. The Murdex Halo-T RDTA features coil control function that you can set A & B totally 2 sets coils in the atomizer. When start to use Murdex Halo-T RDTA, you can only use A coil, or only B coil or use A & B coils together. This RDTA supports Kanthal A1 coil and TC mode coils build in the same time. Whatever you want delicious taste or huge cloud, Murdex Halo-T RDTA will meet your demands.

Healthcabin UD Youde IGO W RDA Atomizer Review

Healthcabin Geekvape Tsunami Mech Kit Copper Review

 

0

[Sub Ohm Innovations] Subzero X Competition RDA レビュー (サブゼロ)

[Sub Ohm Innovations] Subzero X Competition RDA レビュー (サブゼロ)

Subzero X Competition Mod用のRDA。
510を介さないコンタクトが可能です。

Healthcabin様からご提供いただきました。
ありがとうございます!!■開けまーす。■RDA本体、付属品袋、左下にあるのが510コンタクトを外すためのツールです。
あと説明書と金属製のシリアルナンバーカード。
■付属品。六角が2本。Oリング、ネジ、インシュレーター、コイル押さえパーツのスペアですね。
■RDA本体。デッキ下部にさりげなく「SΩI」のロゴ。
トップキャップにはリング状のモールドが。これがあるだけでトップキャップ外しやすいです。
シンプルでカッコイイです。用の美って感じ。
■バラします。重なり具合で調整するサイドエアフロー。よくあるシンプルなやつです。

■ドリチ。内径は10ミリほどのストレート。

■トップキャップ。ブラシ仕上げが綺麗です。

■裏。1段階で絞られてますね。

■チャンバーチューブ。エアホールが開いた、まさに筒。シンプルです。

■デッキ。これは特徴的。

■ポスト上部の6角ネジを回すと、コイル足を押さえるバーが浮くようになるんです。

■右下にスペアパーツを並べてみました。
ポストの中身はこういう位置関係になってますよっていう。

■おしり。ポジピンは調整不可です。
小さい穴が2つ開いてますがこれが今回のキモです。

■ポジピンはがっつり突出してます。

■さて、ここでこのツールなんですが、

■もう説明書の写真を載せちゃいますけど、こういうことですね。
510コンタクトピンのパーツを外すことで、このRDAがSubzero X MODのトップキャップ部分に直接合体するようになる仕掛けです。

■実際にやってみましょう。
お尻にこう刺して、回すと…

■こう外れるわけです。

■ちなみに露出したおしりから更にプラスネジを外すとデッキ分解します。

■さて、Subzero X MODをご用意ください。

■MODのほうのトップキャップを外します。

■で、RDAとMODをスレッド固定すると、

■こうなります。単純に右下のパーツが無いぶんだけ背が低くなります。
あとポジティブピンじゃなくてポジティブ面が電池の極と触れるので、導電率が良いような気がする。
この状態だとアトマ側のコンタクト、インシュレートされてないので電池の向きに気をつけてください。
このMODはアトマ側がマイナス、ファイアボタン側がプラスです。

■ゴツめのクラプトンで。
これで0.33Ωでした。

■ウィックこれくらい。

■そういう事じゃないだろと思いつつもいつもの単線26ゲージマイクロ。
これで0.5Ωでした。
エアホール1つ開けぐらいで吸ってみると意外といけるやんって感じでした。

■ハーフインチなら手持ちのドリチが使えますが、だいぶユルいです。

■Compassのドリチを乗せてみました。
オールSSで可愛いです。
ここで気付いちゃったんですが、MODとRDAでSSの質感が微妙に異なります。

25ミリのRDA。
重量は約60g。
高さはドリチを抜いて33ミリです。
同社のSubzero X Competition MODと組み合わせることで真価を発揮します。
カラバリもMODに合わせてCopper、SS、Black SS、Blassの4種類。
精度が高くてOリングが固すぎるとかユルユルだとかいうことが無いです。
気持ちよくハマるし、気持ちよく外れる。
エアフローはサイドの4連穴の開け具合で調整するシンプルな構造。
デュアル前提です。
前回にすると呼吸レベルのスカスカ。
いっぽう絞ろうと思えばいくらでも絞れるので、コイルのサイズなどに合わせて調整可能。
チャンバーチューブとデッキの位置も固定されてないので、コイルの位置にエアホールを持ってこれます。
デッキのワイヤー固定方式が素敵です。
ポストの床部分と円柱でワイヤーを挟む方式。簡単に言えばクランプですが、コイル足の通しやすさとか細かい部分でよく考えられてるな、という印象。
ウェルも5ミリほどあるので、ある程度のチェーンを想定されています。
まず、こいつ本来の仕事をさせようと思ってゴツめのクラプトンを積みました。
かなりコイルボリュームあったんですが、コンタクトピンを介さないハイブリッド接続、さすがの立ち上がりです。
数パフで部屋真っ白。
いかにも競技用って感じ。
次に、いつもの単線で組んでみましたが、悪くないです。
エアホール1つか0.5ぐらいに絞ってドンピシャの位置にマイクロコイルを持ってくると、まあまあ美味しい。
ただ、わざわざ25ミリのこのドリッパーで味追求するかっていうと本来的じゃあないですけどね。
ちょっと残念だったのは、よく見るとRDAとMOD、SSの質感が微妙に違うんすよね。
RDAのほうがやや黄色いっていうか。
まとめます。
基本は爆煙のために設計されたものです。
クラプトンなどゴツいワイヤーはもちろんのこと、単線も挟みやすいデッキ構造。
シンプルなサイドエアフローで、絞れば単線での運用も悪くない。
値が張りますが、MODとセットで買いたいです。
そんな感じでーす!
ショップ提供なのでリンクはります→コチラ

■さて、Subzero X MODをご用意ください。

■MODのほうのトップキャップを外します。

■で、RDAとMODをスレッド固定すると、

■こうなります。単純に右下のパーツが無いぶんだけ背が低くなります。
あとポジティブピンじゃなくてポジティブ面が電池の極と触れるので、導電率が良いような気がする。
この状態だとアトマ側のコンタクト、インシュレートされてないので電池の向きに気をつけてください。
このMODはアトマ側がマイナス、ファイアボタン側がプラスです。

■ゴツめのクラプトンで。
これで0.33Ωでした。

25ミリのRDA。
重量は約60g。
高さはドリチを抜いて33ミリです。
同社のSubzero X Competition MODと組み合わせることで真価を発揮します。
カラバリもMODに合わせてCopper、SS、Black SS、Blassの4種類。
精度が高くてOリングが固すぎるとかユルユルだとかいうことが無いです。
気持ちよくハマるし、気持ちよく外れる。
エアフローはサイドの4連穴の開け具合で調整するシンプルな構造。
デュアル前提です。
前回にすると呼吸レベルのスカスカ。
いっぽう絞ろうと思えばいくらでも絞れるので、コイルのサイズなどに合わせて調整可能。
チャンバーチューブとデッキの位置も固定されてないので、コイルの位置にエアホールを持ってこれます。
デッキのワイヤー固定方式が素敵です。
ポストの床部分と円柱でワイヤーを挟む方式。簡単に言えばクランプですが、コイル足の通しやすさとか細かい部分でよく考えられてるな、という印象。
ウェルも5ミリほどあるので、ある程度のチェーンを想定されています。
まず、こいつ本来の仕事をさせようと思ってゴツめのクラプトンを積みました。
かなりコイルボリュームあったんですが、コンタクトピンを介さないハイブリッド接続、さすがの立ち上がりです。
25ミリのRDA。
重量は約60g。
高さはドリチを抜いて33ミリです。
同社のSubzero X Competition MODと組み合わせることで真価を発揮します。
カラバリもMODに合わせてCopper、SS、Black SS、Blassの4種類。
精度が高くてOリングが固すぎるとかユルユルだとかいうことが無いです。
気持ちよくハマるし、気持ちよく外れる。
エアフローはサイドの4連穴の開け具合で調整するシンプルな構造。
デュアル前提です。
前回にすると呼吸レベルのスカスカ。
いっぽう絞ろうと思えばいくらでも絞れるので、コイルのサイズなどに合わせて調整可能。
チャンバーチューブとデッキの位置も固定されてないので、コイルの位置にエアホールを持ってこれます。
デッキのワイヤー固定方式が素敵です。
ポストの床部分と円柱でワイヤーを挟む方式。簡単に言えばクランプですが、コイル足の通しやすさとか細かい部分でよく考えられてるな、という印象。
ウェルも5ミリほどあるので、ある程度のチェーンを想定されています。
まず、こいつ本来の仕事をさせようと思ってゴツめのクラプトンを積みました。
かなりコイルボリュームあったんですが、コンタクトピンを介さないハイブリッド接続、さすがの立ち上がりで
す。
重量は約60g。
高さはドリチを抜いて33ミリです。
同社のSubzero X Competition MODと組み合わせることで真価を発揮します。
カラバリもMODに合わせてCopper、SS、Black SS、Blassの4種類。
精度が高くてOリングが固すぎるとかユルユルだとかいうことが無いです。
気持ちよくハマるし、気持ちよく外れる。
エアフローはサイドの4連穴の開け具合で調整するシンプルな構造。
デュアル前提です。
前回にすると呼吸レベルのスカスカ。
いっぽう絞ろうと思えばいくらでも絞れるので、コイルのサイズなどに合わせて調整可能。
チャンバーチューブとデッキの位置も固定されてないので、コイルの位置にエアホールを持ってこれます。
デッキのワイヤー固定方式が素敵です。
ポストの床部分と円柱でワイヤーを挟む方式。簡単に言えばクランプですが、コイル足の通しやすさとか細かい部分でよく考えられてるな、という印象。
ウェルも5ミリほどあるので、ある程度のチェーンを想定されています。
まず、こいつ本来の仕事をさせようと思ってゴツめのクラプトンを積みました。
かなりコイルボリュームあったんですが、コンタクトピンを介さないハイブリッド接続、さすがの立ち上がりです。
25ミリのRDA。
重量は約60g。
前回にすると呼吸レベルのスカスカ。
いっぽう絞ろうと思えばいくらでも絞れるので、コイルのサイズなどに合わせて調整可能。
チャンバーチューブとデッキの位置も固定されてないので、コイルの位置にエアホールを持ってこれます。
デッキのワイヤー固定方式が素敵です。
ポストの床部分と円柱でワイヤーを挟む方式。簡単に言えばクランプですが、コイル足の通しやすさとか細かい部分でよく考えられてるな、という印象。
ウェルも5ミリほどあるので、ある程度のチェーンを想定されています。
まず、こいつ本来の仕事をさせようと思ってゴツめのクラプトンを積みました。
かなりコイルボリュームあったんですが、コンタクトピンを介さないハイブリッド接続、さすがの立ち上がりです。
数パフで部屋真っ白。
いかにも競技用って感じ。
次に、いつもの単線で組んでみましたが、悪くないです。
エアホール1つか0.5ぐらいに絞ってドンピシャの位置にマイクロコイルを持ってくると、まあまあ美味しい。
ただ、わざわざ25ミリのこのドリッパーで味追求するかっていうと本来的じゃあないですけどね。
ちょっと残念だったのは、よく見るとRDAとMOD、SSの質感が微妙に違うんすよね。
RDAのほうがやや黄色いっていうか。
まとめます。
0

Sense Blazer 200 Tank Review

Sense Blazer 200 Tank Review

今日はクリアロでーす

Blazer 200 TankHealthcabinさんから提供頂きました。

というわけでHealthcabinさんオファーありがとうございます!
Thank you for an offer Healthcabin!!

僕思うんですけど、最近はチャイナオーセンは爆煙系ばっかりじゃないですか。
当然アトマなんて好みで差がでるのに、タイトドローが好きな人とかにもやたらめったら送ってると、
逆に評判悪くなんじゃねとは思うんですよ。

まぁだからどうなんだって話なんだけどね、
さすがに日本語のブログ読んでこの人にはこれが合いそうだから、
レビューしてもらいたい!ってメーカーもショップもないだろうし、
そこらへんもったいないなーとは思います。

このアトマは爆煙系なので、僕にはぴったりですね。
担当者分かってる。

簡易スペック

  • 26mm
  • 4か所からの吸気
  • 上からパカッと開くトップフィル
  • カッパーコンタクト
  • TFV8のコイルと互換
  • 510ドリップチップコネクター付属

こんな感じですね、みんな26650がでかいとかいうけど、
これ直径一緒だからね。

解説などなど

部屋を模様替えしてから、作業デスクを分けたんですけどちょっと暗いのよね。

昼に写真とったほうがいいなぁ

付属品。

  • 本体
  • 510アダプター
  • シリコンパーツ
  • 替えタンク
  • 0.2Ωのコイル

デフォでセットされてるのはセラミックの0.6Ωのコイルです。

コイルです。

比較に18650置いたけど、これ直径確か18ミリとかなんで同じだね。

トリプルでいいのか3つコイル入ってます。

イカツイ。

本体。

まぁもうこれだけででかさはわかるでしょう!

そこらにころがってたタコV3と比較。
タコもそのうちかくかぁ

カッパーコンタクト。

出っ張り具合はまぁいいでしょう。
チューブで使うもんでもないし。

トップ。

反射で見えにくいけど、まぁいいか。

右にひねって、蓋を上に向けるとリキチャできます。

このロックはいいね。

パカーン。

リキチャの穴は2か所あって圧力が抜けるので、
男らしくユニコーンボトルが破裂するくらいの勢いでリキッド入れても安心。

エアホールは4か所あるんですが、全閉だと吸えないくらいなのできちんとコントロールできます。

セラミックコイルのほうは推奨50W~100Wなんでまずは50Wから
リキッドはちょうどデスクに置いてあった、HiLIQのトロピカルレインフォレストに清涼剤入れたもので。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

50W

  • なにこれおいC
  • フルーツ系のリキッドがセラミック特有の細かいミストでさらに爽やかに
  • 替えコイル買おう
  • 立ち上がりは気持ちラグありだが、気になるレベルではない

70W

  • ちょっと立ち上がりが早い
  • 煙量はそこまでで変化なし
  • ミストもそこまで熱くない

100W

  • ちょっとミストが熱い
  • 意外と味は飛ばない

まぁ50Wが一番好みかなー、60Wあたりでもいいかな。

というか今はセラミックもおいしいんだね。
一回試したドルフィンがうんこでもう買わねえと思ってたけど、これはいい。

一個悩ましいところはアトマがめちゃめちゃ熱くなる。
まぁ熱も逃げにくいししょうがないんだけど、やけどにはお気をつけて。

結論

  • でかいけどセラミックコイルはすごくいい
  • TFV8のRBAを買ったのでそのうち別記事で検証します
  • 家でフルーツ系をダラダラ吸うには最高のデバイス
  • でかいの気にならないなら買い

購入リンク

本体

コイル

なんだよセラミックコイルないのかよ!

The Sense Blazer 200 Sub-Ohm Tank is the premiere flagship platform from one of the most revered tank manufacturers in the industry, elevating the most popular coil released this year, the 1.8 ohm Reverse Sandwich Coil, to a triple configuration that also features cross compatibility with the SMOK TFV8 Cloud Beast platform.

ぽちってもいいのよ

The Sense Blazer 200 Sub-Ohm Tank is the premiere flagship platform from one of the most revered tank manufacturers in the industry, elevating the most popular coil released this year, the 1.8 ohm Reverse Sandwich Coil, to a triple configuration that also features cross compatibility with the SMOK TFV8 Cloud Beast platform.

http://vape.healthcabin.net/smok-al85-full-advance-middle-class/
http://vape.healthcabin.net/geekvape-zeus-rta-made-top-five-will-taste/
1 2 3 4 5 11