Spread the love

Joyetech CUBOID TAP 228W

MOD(テクニカルhealthcabin

スポンサーリンク

 

はい、どうも今回はJoyetech CUBOID TAPのレビューです。

以前レビューしたクリアロとセットで提供いただいたのですが、
別々にレビューしてます。

クリアロの記事のほうに事情は書いてますが、
最近のJoytechのキットはこのアトマになるから別のほうがいいだろうって理由です。

Healthcabinさんから提供頂きました。

というわけでHealthcabinさんオファーありがとうございます!
Thank you Healthcabin!!

Healthcabinで購入する場合hcsamo10入力で10パーセントオフになります。

簡易スペック

Size: 28.0mm*41.0mm*134.0mm
Colors: silver, black, red, yellow, blue
Weight: 174.5g (with coil, without cell)
Aries capacity: 4.0ml
Output mode: Power/Clock/Temp (Ni, Ti, SS316)/TCR (M1/M2/M3)/USB Charge mode
Applicable heads: ProC series heads
Features: TAPTECTM, pressure-sensitive, vibration motor, 
          2A QC,power bank, preheat, custom logo, real-time clock
Output range: 1-228W
Depth of 510 pins applicable: 4.0-5.5mm
Resistance range: 0.05-1.5ohm under Temp/TCR mode
0.1-3.5ohm under Power/Clock mode
Temperature control: 100-315 degree C/ 200-600 degree F
Battery using: dual married high-rate 18650 cells
(continues discharge current 25A)
Max charging current: 2.0A
Max output current: 50A

HCサイトからコピペ。

18650デュアルのModです。
2Aバランス充電対応かな。

使い勝手はいいModです。

そして軽い。

あと特徴的なのが、感圧式ボタンとバイブですかね。

箱とか

この指で押してる部分が、感圧式のパフボタンです。

解説とか

はい、いきなりドン。

写真だとちょっとカッコよさげに見えますが、
このウッドっぽいシールの上のクリアがてっかてかで少しやすっちいです。

普通にヘアライン仕上げとかでよかったんじゃないかなと思わなくはない。
中途半端に高級感出そうとするより、自分は無骨なほうが好きです。

+-は感圧式です。
これどっちが+かとかわかるようにしといたほうがいいんじゃないかなと思う。

側面。

一応物理のパフボタンもついてます。

ボタン周りの仕上げがちょっと悪い。

背面。

上部。

コネクタはいつも通りスプリング式。

全面このヘアライン仕上げでいいのになーと思わなくもない。

ベントホールと、バッテリーカバーです。

ちょっとホコリがきになるけど、
iPV6Xとの比較。

サイズ的には大差ないですが、こちらのほうが軽い。
実用面ではこっちかなー。

バッテリー側のコンタクトは金メッキですね。

そして画面はでかい。

このディスプレイのでかさは、細かくいじりたい人にはいいんじゃないかな。
それこそカスタムファーム入れて色々表示させたい場合もいいと思います。

輝度もしっかりあって見やすい。

Procoreのっけるとこんな感じ。

意外としっくり来てるというか、
eVic primo miniよりかはこっち向きで作ってるんだろうなと感じます。

サイズ的には25mmアトマがツラになる感じです。