0

【Modレビュー】Joyetech CUBOID TAP 228W レビュー

【Modレビュー】Joyetech CUBOID TAP 228W レビュー

はい、どうも今回はJoyetech CUBOID TAPのレビューです。

以前レビューしたクリアロとセットで提供いただいたのですが、
別々にレビューしてます。

クリアロの記事のほうに事情は書いてますが、
最近のJoytechのキットはこのアトマになるから別のほうがいいだろうって理由です。

Healthcabinさんから提供頂きました。

というわけでHealthcabinさんオファーありがとうございます!
Thank you Healthcabin!!

Healthcabinで購入する場合hcsamo10入力で10パーセントオフになります。

簡易スペック

Size: 28.0mm*41.0mm*134.0mm
Colors: silver, black, red, yellow, blue
Weight: 174.5g (with coil, without cell)
Aries capacity: 4.0ml
Output mode: Power/Clock/Temp (Ni, Ti, SS316)/TCR (M1/M2/M3)/USB Charge mode
Applicable heads: ProC series heads
Features: TAPTECTM, pressure-sensitive, vibration motor, 
          2A QC,power bank, preheat, custom logo, real-time clock
Output range: 1-228W
Depth of 510 pins applicable: 4.0-5.5mm
Resistance range: 0.05-1.5ohm under Temp/TCR mode
0.1-3.5ohm under Power/Clock mode
Temperature control: 100-315 degree C/ 200-600 degree F
Battery using: dual married high-rate 18650 cells
(continues discharge current 25A)
Max charging current: 2.0A
Max output current: 50A

HCサイトからコピペ。

18650デュアルのModです。
2Aバランス充電対応かな。

使い勝手はいいModです。

そして軽い。

あと特徴的なのが、感圧式ボタンとバイブですかね。

箱とか

この指で押してる部分が、感圧式のパフボタンです。

解説とか

はい、いきなりドン。

写真だとちょっとカッコよさげに見えますが、
このウッドっぽいシールの上のクリアがてっかてかで少しやすっちいです。

普通にヘアライン仕上げとかでよかったんじゃないかなと思わなくはない。
中途半端に高級感出そうとするより、自分は無骨なほうが好きです。

+-は感圧式です。
これどっちが+かとかわかるようにしといたほうがいいんじゃないかなと思う。

側面。

一応物理のパフボタンもついてます。

ボタン周りの仕上げがちょっと悪い。

背面。

上部。

コネクタはいつも通りスプリング式。

全面このヘアライン仕上げでいいのになーと思わなくもない。

ベントホールと、バッテリーカバーです。

ちょっとホコリがきになるけど、
iPV6Xとの比較。

サイズ的には大差ないですが、こちらのほうが軽い。
実用面ではこっちかなー。

バッテリー側のコンタクトは金メッキですね。

そして画面はでかい。

このディスプレイのでかさは、細かくいじりたい人にはいいんじゃないかな。
それこそカスタムファーム入れて色々表示させたい場合もいいと思います。

輝度もしっかりあって見やすい。

Procoreのっけるとこんな感じ。

意外としっくり来てるというか、
eVic primo miniよりかはこっち向きで作ってるんだろうなと感じます。

サイズ的には25mmアトマがツラになる感じです。

仕様方法

別途まとめたのでこちらを

まとめ

使い勝手は基盤の良さもあって、かなりいいです。

ちょっと感圧式のボタンのほうがいまいち反応鈍いというか、
機械式よりレスポンスが悪い気はします。

あと、W数とか変えるときのバイブが微妙な長さなんですよね。
iPhoneのタッチIDの認証失敗したときくらいの、バイブの感じだったらすごくよかったと思うんだけど、
それよりも微妙に長くてちょっと間の抜けた感じになってます。

仕上げに関しては値段なりかなと思ってますが、
軽いし普段使いにはいいModだと思ってます。

基本的に最近のModは性能いいのが多いので、
見た目でいいと思うんです。

特にJoyetech系列とか、Aspireとかそこらへんのは見た目で決めていいと思うよ。

購入はこちらからー

Mod本体

Joyetech CUBOID TAP 228W Box Mod

キット

Joyetech CUBOID TAP 228W Kit with ProCore Aries Tank

クーポンコードhcsamo10で10パーセントオフなので、
何もセールがないときは使ってみるといいです。

僕にキックバックとかはないので、安心してくださいw

Supplier Daily News-Inookin, Joyetech, Eleaf, Wismec & Kanger

 

Joyetech CUBOID TAP with ProCore Aries レビュー

Joyetech CUBOID TAP ProCore Aries

感圧式タッチパネル搭載MODなんです。

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!■開けまーす。■内容物は本体と、■Kitのクリアロが入ってる箱。
あと割愛するけど説明書、USBケーブル、ワランティカード、CAUTIONカード、それからクリアロ用のコイルのラインナップが書かれたカード、が入ってます。

■クリアロ。ProCore Ariesってのがこのタンクの名前でしょうか。
一緒にすると長いので、このタンクについては別記事にしました。

■さて本体。
ディスプレイの上のおおきめ長方形と、ディスプレイ下の細長い長方形が感圧式タッチパネルです。
上がファイア、下がプラマイ。

■うーっすら文字ロゴが入ってます。

■510スプリングローデッド。

■タッチパネル以外にもちゃんと機械式のファイアボタンが付いてます。

■背中。

■おしり。ベントホール開いてます。

■電池はこの向きで。
シリーズ接続(直列)ですね。

■ディスプレイこんな感じ。

■こんな感じ。
情報量多いですが、ディスプレイ面積が広いので、苦になりません。

■モード選択画面。これはPOWER、つまりVWモードです。

■時計、

■タッチパネルのロック設定。

■温度管理。ここからNi、Ti、SSと繋がって、

■TCR。メモリーは3つ用意されてます。

■電源OFF時にファイアボタンとマイナス同時押しでバッテリー残量チェック。

■電源OFF時にファイアボタンとプラス同時押しでTCR設定画面へ。

■ちなみに放っとくと時計に。
しばらくすると自動的にディスプレイOFFになります。

■付属のProcore Ariesタンクと。

■24ミリのCheetah2と。

■24ミリを乗せてもこんだけ余裕あります。

iPicoとサイズ比較。

■こんな感じ。
デュアルバッテリーのMODのとしては結構小さいと思います。

Kitのクリアロについては別記事にしました!

まずは、ざっくり仕様です。
サイズ: 28.0mm*41.0mm*86.0mm
重量: 120.5g (電池除く)
モード: パワー(VW) / Clock / TC (Ni, Ti, SS316) / TCR (M1/M2/M3) / USB Charge mode
出力電力: 1-228W
対応する510コンタクトの長さ: 4.0-5.5mm
抵抗値範囲: 0.05-1.5ohm under Temp/TCR mode
 0.1-3.5ohm under Power/Clock mode
温度管理範囲: 100-315°C/ 200-600°F
充電: 最大2.0A
最大出力: 50A
バッテリーは18650を2本使用。25A以上のもので、ペアで買ったものを使ってね、とのこと。
カラバリはsilver、black、red、yellow、blueの5色です。
続いて操作方法。
5クリックで電源ON/OFF。
ちなみにタップボタン5クリックでも電源OFF。ONには使えない模様。
3クリックでモード選択メニューに入ります。
VW時に4クリックすると右上の箱が点滅。
アンペア数、パフ回数カウンター、パフ時間カウンターから選べます。
普通アンペア数にしますよね。
電源OFF時にファイアボタンとマイナス同時押しで電池それぞれのV数を表示。
電源OFF時にファイアボタンとプラス同時押しでTCRの設定画面に。
電源ON時にファイアボタンとプラス同時押しでタップボタンのロック設定画面に。
電源ON時にファイアボタンとマイナス同時押しでステルスモードのON/OFFができます。
一瞬効いてないみたいな感じしますが一回パフるとステルス状態になります。
TC時に4クリックでTC設定メニューへ。
マイナスボタンを押すごとに抵抗値ロック→右上の枠の表示→ワッテージの調整とローテーションで切り替わります。
左上の抵抗値枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと抵抗値ロックのON/OFF、右上の枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと表示の切り替え(アンペア数、パフ回数カウンター、パフ時間カウンター)、ワット数が点滅してるときにはプラマイボタンでワッテージの調整ができます。
ちょっと複雑すね。
ちなみにほっとくと時計画面になります。
ファームウェアアップグレード、だいたいWindows用しか無いじゃないですか。
安心してください。Macもありますよ!
Joyetechの公式からSupport→SoftwareDownload→VT Software to Upgrade Cuboid TAPと飛ぶとダウンロードページへ。
直リン貼っちゃうとココ(http://www.joyetech.com/mvr-software/?sid=237)です。
カスタムロゴも使えるみたいです。
大きい部分としては感圧式のタップボタンを搭載してるところですかね。上の大きいのがファイアボタン、ディスプレイの下の細長いのがプラマイボタンです。
使った感じ悪くないんですが、タップ式のファイアボタンはやっぱりどうしても慣れませんね。
機械式のファイアボタンがあるので、結局そっちを使っちゃいます。
あと、机においてある状態からつまみあげたときに誤ファイアしちゃったりとか。
タップした時にバイブするんですけど、MODっぽくないっていうか。
とにかく、タップ式ファイアボタンは、あんまり良い使い心地って感じしません。
プラマイボタンの使い心地は悪くないです。
充電機能がちょっと賢くて、2本の電池を1本ずつ管理してくれます。2A急速充電にも対応。
TC性能の具合も優秀です。
TCR付いてるので色んなワイヤーに対応できるし、TC時のワッテージ設定も可能。

このへんはさすが実績あるメーカーって感じでしょうか。

まとめます。
電池2本使う割に小さめのサイジングや重量など基本スペックはかなり高いです。
最大出力225Wなので、まぁ困ることは無いでしょう。
ファイアボタンのタッチパネルは正直いらんかったんじゃないかなー。
付属のクリアロ「ProCoreAries」については別記事にしました!

ショップ提供品なのでリンク貼ります。→コチラ

左上の抵抗値枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと抵抗値ロックのON/OFF、右上の枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと表示の切り替え(アンペア数、パフ回数カウンター、パフ時間カウンター)、ワット数が点滅してるときにはプラマイボタンでワッテージの調整ができます。
ちょっと複雑すね。
ちなみにほっとくと時計画面になります。
ファームウェアアップグレード、だいたいWindows用しか無いじゃないですか。
安心してください。Macもありますよ!
Joyetechの公式からSupport→SoftwareDownload→VT Software to Upgrade Cuboid TAPと飛ぶとダウンロードページへ。
直リン貼っちゃうとココ(http://www.joyetech.com/mvr-software/?sid=237)です。
カスタムロゴも使えるみたいです。
大きい部分としては感圧式のタップボタンを搭載してるところですかね。上の大きいのがファイアボタン、ディスプレイの下の細長いのがプラマイボタンです。
使った感じ悪くないんですが、タップ式のファイアボタンはやっぱりどうしても慣れませんね。
機械式のファイアボタンがあるので、結局そっちを使っちゃいます。
あと、机においてある状態からつまみあげたときに誤ファイアしちゃったりとか。
タップした時にバイブするんですけど、MODっぽくないっていうか。
とにかく、タップ式ファイアボタンは、あんまり良い使い心地って感じしません。
プラマイボタンの使い心地は悪くないです。
充電機能がちょっと賢くて、2本の電池を1本ずつ管理してくれます。2A急速充電にも対応。
TC性能の具合も優秀です。
TCR付いてるので色んなワイヤーに対応できるし、TC時のワッテージ設定も可能。

このへんはさすが実績あるメーカーって感じでしょうか。

まとめます。
電池2本使う割に小さめのサイジングや重量など基本スペックはかなり高いです。
最大出力225Wなので、まぁ困ることは無いでしょう。
ファイアボタンのタッチパネルは正直いらんかったんじゃないかなー。
付属のクリアロ「ProCoreAries」については別記事にしました!

ショップ提供品なのでリンク貼ります。→コチラ

左上の抵抗値枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと抵抗値ロックのON/OFF、右上の枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと表示の切り替え(アンペア数、パフ回数カウンター、パフ時間カウンター)、ワット数が点滅してるときにはプラマイボタンでワッテージの調整ができます。
ちょっと複雑すね。
ちなみにほっとくと時計画面になります。
ファームウェアアップグレード、だいたいWindows用しか無いじゃないですか。
安心してください。Macもありますよ!
Joyetechの公式からSupport→SoftwareDownload→VT Software to Upgrade Cuboid TAPと飛ぶとダウンロードページへ。
直リン貼っちゃうとココ(http://www.joyetech.com/mvr-software/?sid=237)です。
カスタムロゴも使えるみたいです。
大きい部分としては感圧式のタップボタンを搭載してるところですかね。上の大きいのがファイアボタン、ディスプレイの下の細長いのがプラマイボタンです。
使った感じ悪くないんですが、タップ式のファイアボタンはやっぱりどうしても慣れませんね。
機械式のファイアボタンがあるので、結局そっちを使っちゃいます。
あと、机においてある状態からつまみあげたときに誤ファイアしちゃったりとか。
タップした時にバイブするんですけど、MODっぽくないっていうか。
とにかく、タップ式ファイアボタンは、あんまり良い使い心地って感じしません。
プラマイボタンの使い心地は悪くないです。
充電機能がちょっと賢くて、2本の電池を1本ずつ管理してくれます。2A急速充電にも対応。
TC性能の具合も優秀です。
TCR付いてるので色んなワイヤーに対応できるし、TC時のワッテージ設定も可能。

このへんはさすが実績あるメーカーって感じでしょうか。

まとめます。
電池2本使う割に小さめのサイジングや重量など基本スペックはかなり高いです。
最大出力225Wなので、まぁ困ることは無いでしょう。
ファイアボタンのタッチパネルは正直いらんかったんじゃないかなー。
付属のクリアロ「ProCoreAries」については別記事にしました!

ショップ提供品なのでリンク貼ります。→コチラ

 

Joyetech CUBOID TAP 228W