Desire Mad Dog GTA Atomizer 3.5ml Healthcabin Review

Desire Mad Dog GTA 

Desire MADDOG GTA フレーバーから爆煙まで、使いやすいGTA

MADDOG要素がどのへんなのか良くわかりませんが、今度はGTA!結構評価が高いみたいなので楽しみです。

ご提供はHealthCabinさまです。

もくじ [非表示]

  • 1 MADDOG-GTAレビュー!
    • 1.1 外箱&付属品
    • 1.2 外観
      • 1.2.1 分解
    • 1.3 カラー展開
    • 1.4 デッキ
    • 1.5 エアフローコントロールリング
    • 1.6 底面
    • 1.7 キャップ・ドリップチップ(一体型)
    • 1.8 ビルド
    • 1.9 リキッドチャージ
    • 1.10 吸ってみる&総評
      • 1.10.1 よいところ
      • 1.10.2 わるいところ

MADDOG-GTAレビュー!

GTAっていうとグランド・セフト・オートしか思い浮かばないのですが、Genesis Tank Atomizerです。コットンを下にビローンって出せるRTAと思っておけば間違いないでしょう。

外箱&付属品

 

MADDOG・Rabiesとは全然違うPOPなデザインの箱。MADDOGメカキットと同じようなデザインですね。

裏側にはオーセンティシティのスクラッチシールが貼付されており、シリアルナンバーも入っています。

付属品は以下の通りです。

  • マッドドッグGTA×1
  • 交換用タンク×1
  • 予備のOリング×2
  • コイル×2
  • コットン
  • クランプのネジ×2
  • クランプ×2

ネジが付いてるのは普通だと思いますが、クランプも予備で付いてるのは嬉しいですね。これ案外小さいパーツなので、飛ばしちゃったら紛失の可能性は充分あります。

コイルは愉快なコイルが1本と、更に愉快なコイルが1本です。抵抗値大丈夫なの・・・?

太い(確信

外観

大きいのですが、最近Pharaohドリッパータンクおよび、Pharaoh RTAを見て来た私に言わせればナノクラスです。

26mm径・高さ43mm(510部除く、MODに付けた際の高さ)

やっぱでかいよ!うわあああぁあぁん!

26mmって!

お前らどこまで行くつもりだ!!ブレーキ!ブレーキだ!!

ちなみにベース部は25mmで、上部のトップキャップ部が26mmです。タンクの容量は3.5mlです。

それにしても表面の質感とか、かなり良いですね。DESIREのロゴもデカデカと彫り込まれていますが、派手っぽさはそれ程なくていい。そしてチムニーを注意深く見るとmaddogのロゴ。

なかなか渋いじゃないですか。

分解

デッキ・ガラスタンク・チムニー&トップ・トップキャップ(チャフキャップ型)という感じでバラせます。

カラー展開

相変わらず、DOTMODなんかに合わせたら可愛いっぽい色使い。金銀赤黒緑青です。きれいな発色しているので、どれも魅力的に見えます。

デッキ

ものすごいデカさのデッキ。そしてものすごいデカさのエアホール、途方もないデカさのフィードホール。何もかも規格外。

コイルは9mm幅くらいの大きなコイルが足を曲げずにサクッと入ります。ポストーポスト間の距離は8mmです。

SMM同様にポストにもエアホールが開いています。右・左・下から当てれるだけエアー当ててやれっていう方式。

エアフローコントロールリング

カチカチと段階で開閉できるタイプで、操作感は軽めです。9段階になっており、全閉から全開までスムーズです。全開と1段閉めはあまり変化がないのですが、2段閉めくらいから明確にドローが狭くなってきた感じがして、そこから気持ちよく段階調整できます。

全開はMADDOG RDAの全開より微妙に重いくらいです。タンクと考えたらかなり軽い部類だと思います。

複雑怪奇なエアフローですが、音がすごかったSMMと比較するとかなり静かです。おそらくボトムメインで、サイドからは補助的に流れるだけなんでしょう。

底面

かっこいいすね・・・。

ピンはこのような感じです。

キャップ・ドリップチップ(一体型)

トップ部分は全部PEIでワンピース構造でチャフキャップ状になっています。極薄のキャップですが、ドリップチップをつまんで回せるのと、周囲に溝があって回しやすくなっています。ドリップチップ内径は9mm、外径16mm。

裏側はこんな感じです。

チムニー内径も9mmなので、そのままストーンと吸い口まで一直線です。

これはグラつきとかがなくて非常に快適ではあるのですが、ドリップチップが交換できないのでこの形状が合わない人にとっては厳しいでしょう。

ドリップチップにそのまま510ドリップチップがハマるようにしておいてくれたら良かったのではないかな。ルックス的にはアレですが、絞り気味で吸う時に使いやすかったと思う。

ビルド

Pharaohのイラッシャイクランプを使った後だけに少々組みにくいと感じましたが、ワイヤーを通してしまえばその後の作業性は抜群ですね。クランプやネジ自体がキレイなのも嬉しいです。

ワイヤーのズレもなく、極細ワイヤー(多分誰も使わないけど)から極太ワイヤーまで自由自在のクランプデッキです。

コットンワークも楽の一言。巨大な穴にワッサーって入れるだけ。

リキッドチャージ

非常に大きなキドニーシェイプのホールで、ボトル・ガラスのスポイト、なんでもOK!蓋を閉めるときに若干滲みますが、これはトップチャージ形式では致し方ないですね。

吸ってみる&総評

これは思ったよりも絞って吸ってもイケるタイプ。Pharaohもそうでしたけど、エアホールのサイズからして全開でめいっぱい吸わなきゃみたいなイメージがどうしてもあるんですが、20ワット・エア1/3開くらいでスーッと楽に吸ってあげても十分に楽しめるんですよ。

コイルはそれほど吸い口に接近していないタイプなんですが、めちゃめちゃ甘いです。フレーバーの甘っぽさっていうより舌で感じる甘味料の甘さが強く出ます。ドリッパーのように甘いリキッドをスムーズなエアフローで吸いたいという人には最高なんじゃないかな!

デッキ部の径は18.7mm。22mmドリッパーのデッキくらいのサイズですから、もうRDAと変わりないです。

DESIREVAPEには、ぜひカラーマッチしたBOXMODも出してほしいですね。

よいところ

  • ルックスが良すぎる
  • エアフローの調整が非常に良く出来ている
  • 甘味が強く出て好き

わるいところ

  • かなり大型なわりにタンク容量が普通(3.5ml)
  • ドリップチップ一体型なので変えられない
  • ベース部25mmなので、ややMODを選ぶ

Thank you HealthCabin

あ!これ押しとていただけると助かります。

Pharaohのイラッシャイクランプを使った後だけに少々組みにくいと感じましたが、ワイヤーを通してしまえばその後の作業性は抜群ですね。クランプやネジ自体がキレイなのも嬉しいです。

ワイヤーのズレもなく、極細ワイヤー(多分誰も使わないけど)から極太ワイヤーまで自由自在のクランプデッキです。

コットンワークも楽の一言。巨大な穴にワッサーって入れるだけ。

リキッドチャージ

非常に大きなキドニーシェイプのホールで、ボトル・ガラスのスポイト、なんでもOK!蓋を閉めるときに若干滲みますが、これはトップチャージ形式では致し方ないですね。

吸ってみる&総評

これは思ったよりも絞って吸ってもイケるタイプ。Pharaohもそうでしたけど、エアホールのサイズからして全開でめいっぱい吸わなきゃみたいなイメージがどうしてもあるんですが、20ワット・エア1/3開くらいでスーッと楽に吸ってあげても十分に楽しめるんですよ。

コイルはそれほど吸い口に接近していないタイプなんですが、めちゃめちゃ甘いです。フレーバーの甘っぽさっていうより舌で感じる甘味料の甘さが強く出ます。ドリッパーのように甘いリキッドをスムーズなエアフローで吸いたいという人には最高なんじゃないかな!

デッキ部の径は18.7mm。22mmドリッパーのデッキくらいのサイズですから、もうRDAと変わりないです。

DESIREVAPEには、ぜひカラーマッチしたBOXMODも出してほしいですね。

よいところ

  • ルックスが良すぎる
  • エアフローの調整が非常に良く出来ている
  • 甘味が強く出て好き

わるいところ

  • かなり大型なわりにタンク容量が普通(3.5ml)
  • ドリップチップ一体型なので変えられない
  • ベース部25mmなので、ややMODを選ぶ

Thank you HealthCabin

あ!これ押しとていただけると助かります。

 

MADDOG・Rabiesとは全然違うPOPなデザインの箱。MADDOGメカキットと同じようなデザインですね。

裏側にはオーセンティシティのスクラッチシールが貼付されており、シリアルナンバーも入っています。

付属品は以下の通りです。

  • マッドドッグGTA×1
  • 交換用タンク×1
  • 予備のOリング×2
  • コイル×2
  • コットン
  • クランプのネジ×2
  • クランプ×2

ネジが付いてるのは普通だと思いますが、クランプも予備で付いてるのは嬉しいですね。これ案外小さいパーツなので、飛ばしちゃったら紛失の可能性は充分あります。

コイルは愉快なコイルが1本と、更に愉快なコイルが1本です。抵抗値大丈夫なの・・・?

太い(確信

外観

大きいのですが、最近Pharaohドリッパータンクおよび、Pharaoh RTAを見て来た私に言わせればナノクラスです。

26mm径・高さ43mm(510部除く、MODに付けた際の高さ)

やっぱでかいよ!うわあああぁあぁん!

26mmって!

お前らどこまで行くつもりだ!!ブレーキ!ブレーキだ!!

ちなみにベース部は25mmで、上部のトップキャップ部が26mmです。タンクの容量は3.5mlです。

それにしても表面の質感とか、かなり良いですね。DESIREのロゴもデカデカと彫り込まれていますが、派手っぽさはそれ程なくていい。そしてチムニーを注意深く見るとmaddogのロゴ。

なかなか渋いじゃないですか。

分解

デッキ・ガラスタンク・チムニー&トップ・トップキャップ(チャフキャップ型)という感じでバラせます。

カラー展開

相変わらず、DOTMODなんかに合わせたら可愛いっぽい色使い。金銀赤黒緑青です。きれいな発色しているので、どれも魅力的に見えます。

デッキ

ものすごいデカさのデッキ。そしてものすごいデカさのエアホール、途方もないデカさのフィードホール。何もかも規格外。

コイルは9mm幅くらいの大きなコイルが足を曲げずにサクッと入ります。ポストーポスト間の距離は8mmです。

SMM同様にポストにもエアホールが開いています。右・左・下から当てれるだけエアー当ててやれっていう方式。

Halloween Special Offer is Coming Soon! Great Saving Up to 20%!

 

Mad Dog GTA Atomizer by Desire Review

Mad Dog, GTA, Atomizer, Desire

Some time ago, the world of waking learned about the drugged Mad Dog. At that time, the atomizer had a rather unusual construct and an interesting correlation between the price and quality criteria. The success of the atomizer was noted by other manufacturers, even a pair of almost identical drifts appeared on the market. In addition, the company Desire itself decided to earn even more money on the wave of popularity and released Mad Dog RDTA along with a complete mechanical mod. Now the Chinese decided to renew the line again and introduced mad dog gta atomizer.

.

About the appearance of this mad dog gta atomizer, I can only say that the designers clearly did not want to bother and develop something new. Even a not very attentive person will notice a clear similarity with other devices of the GTA format, for example, Troll from Wotofo . Yes, it’s now customary to borrow ideas from each other in waking, but in this case the similarity is very obvious, which simply makes me angry. To the distinguishing features, in my opinion, only a deep engraving of the name of the manufacturer on the ring of the blower adjustment.

 

Specifications:

The impression of the atomizer improved after I saw what was hiding under the hood. I would not say that the engineers showed us something unique, but I liked the base. Now, if you put a base on this atomizer from Mad Dog RDA, then I would not tell you about it.

Mad Dog GTA Atomizer by Desire – continued with an interesting base

Initially it seemed to me that the tank got the same base that it was in Serpent RDTA from Wotofo. Looking closer, I realized that the principle is the same, but the implementation is different. The base is designed for one spiral, the legs of the spiral are placed under the plates, which are then tightened with screws. The manufacturer does not emphasize this, but in my opinion, large spirals can be placed here.

To my surprise, I did not find information about the capacity of the tank. Refilling is due to the holes under the top cover. The evaporation chamber is filled with air from two slots in the lower part of the case. Inside the base we see one central hole right under the supposed location of the spiral. The blowing adjustment is carried out in the standard way – turning the ring. I would like to see here also the possibility of making the hole narrower with the help of bushes, but the manufacturer decided to do without it.