0

【MODレビュー】Voopoo Drag 157W Box Mod

Voopoo Drag 157W Box Mod

【MODレビュー】Voopoo Drag 157W Box Mod

はいどうも、
今日はテクニカルMODのレビューです。

が、頑張るぞい。

Voopoo Drag 157W Box Modという、デュアルバッテリーのMODです。

ちょいちょい他にもレビューしてる人いますね、
基本デュアル使いの自分の観点だと少し他の人と評価変わるかもなので、
まぁそこは好みの問題としてください。

あとはまぁ機能多すぎて、そこまで使い込めてないです。

ぶっちゃけVWあればいい人なので…

Healthcabinさんから提供頂きました。

というわけでHealthcabinさんオファーありがとうございます!
Thank you Healthcabin!!

簡易スペック

  • サイズ:D24mmH90mmW54mm
  • ワット数:5W-157W
  • バッテリー:18650*2
  • MicroUSB DC 5V/2.5A充電可
  • TC付き:Ni200/Ti/SS316/NC/TCR
  • VWカーブモード、TCカーブモード付き
  • 立ち上がり0.025秒
  • 超エキサイティング(本家の説明通り
  • バッテリーセル毎の電圧管理
  • 32bit GENEチップ搭載
  • ファームアップ可能
  • PC制御可能

こんな感じです。
基本的に全部入りでVOに近い立ち位置かな?

箱とか本体

黒光り

こんな感じで値段にそぐわない高級感。

  • マニュアル
  • ワランティカード
  • Geneチップの紙
  • USBケーブル

まぁマニュアルだけあればいいです。

解説とかいろいろ

カーボンっぽいんだけど何とも言えない感じのパネル。

こっちは取り外せません。
写真じゃ伝わりにくいけど、高級感は結構あります。

バックに入れてたらちょっと文字がかすれちゃったけど、
こちら側がバッテリーカバー側です。

DRAGと自己主張が強いですが、
BEASTとかもそうだけどこういうデザインは結構好きだったりします。

多分使い込んでるうちにこの文字は消えるでしょう。

ディスプレイと各種ボタン。

輝度は十分、ボタンも本体と同じ素材でしっくりきます。

バッテリーハウジング。
ここら辺もきれいに作ってありますね。

汎用品をぶち込んでおしまいじゃなくて、きれいに作られてます。
チェンさんが言ってたけど、出来損ないのBMIって言葉がしっくりくる。

下部に穴が開いてますが、ここからガスは逃げないので冷却用であろう。
ガス拭いたらパネルがポーンと飛ぶからいいでしょう。

ここまでの写真でもわかるように、
24mm幅ですが、多少エッジがあるのでツラにするなら22mmのアトマになります。

22mmだとこうで

24mmの例に使おうとしていた、TrickSterはあまり違和感がなかった。

こんな感じで少し乗っかった感じになるので、
自分は22mm使うかなー。

Goon22とかKennedy22とかもあるし。

操作方法

とりあえずよく使いそうな機能だけ抜粋

これがしたい こうしろ
電源ON/OFF ファイアボタン5クリック
モード切替 ファイアボタン3クリック
°F/°C切り替え それぞれの下限温度の状態で-クリック
TC時のW数変更 TC時にファイアボタン4クリック、再度ファイアボタンクリックで決定
スーパーモードに変更 抵抗値0.1-0.3Ωの時に130W以上選択
抵抗値ロック TC時に+-同時押し、ΩSETを選択
カーブモード設定 TC時に+-同時押し、M1~5を選択

カーブモードは1秒刻みで10秒間分設定できます。
1秒刻みだとプレヒート的に最初だけW数高めであとは一緒か緩やかに下げるとかしか使い道ない気はする。
まぁVOもそう使ってるし、こんなもんなんですかね。

自分は普通にVWだけで使ってますが、
普通に快適です。

立ち上がりは謳い文句の通りいいです。

あと充電はバランス充電なんで、楽でいいです。
しかも結構充電早い。

基本性能はバッチリなMODです。

まとめ

  • 見た目が好きなら買って損はないMOD
  • ちょっと重い
  • デュアルの充電がめんどくさい人にはお勧め
  • どちらかというと22mmと合わせるほうがしっくりくる
  • 質感は良い
  • TCもいい感じらしい(テストしてないし基準になるほどTC使ってないのでテストできない
  • 抵抗値を読んで自動でW調整してくれる機能は便利でもあり、めんどくさくもある
  • 電源オフ時に3回ほど通電する

こんな感じで結構僕自身は好きです。

立ち上がり早いっていうのは、
どちらかというとほかのチップがディレイかけてるところを削ったんじゃ…とも思わなくはないですが。

電源オフにする時にもちょっと通電しちゃうので、
そこは注意です。

W数も自動で替えてくれるのは良くも悪くもですが、便利機能は一通りありますし、
TCとかも煮詰めようと思えば煮詰められると思います。

デュアルでTC使う人がどれほどいるかは知りませんがね!

見た目に抵抗なければ普通にアリなMODだと思います!

購入はこちらから

Voopoo Drag 157W Box Mod

Latest 157W box mod from Voopoo, powered by dual replaceable 18650 batteries. It features Super Mode, which will be activated automatically under 130W wattage. Also it features fastest fire speed, 0.025s only.

Latest 157W box mod from Voopoo, powered by dual replaceable 18650 batteries. It features Super Mode, which will be activated automatically under 130W wattage. Also it features fastest fire speed, 0.025s only.

Top 5 vape products 2017

Voopoo DRAG 157W – release in black

Again in the zone of special attention the boxed Voopoo DRAG 157W, which once again appeared before us in a

new, or rather, in an updated style.

It is noteworthy that Voopoo DRAG 157W became a real breakthrough in 2017 and won the sympathy of users of ecig  around the world, becoming a frequent hedcheck hero.

 

DRAG already once experienced a “restyling”, then the manufacturers added the options for coloring the sidebar

mod, making it somewhat more expensive.

This time, the designers decided to dress it in black, and also updated the “fill” side inserts.

You just ask – and that’s it? Yes all. And, in fact, something else – the price of the updated device, as you

guessed, again increased slightly.

Now it’s for sure.

All elements of the puzzle coincided, Voopoo DRAG 157W can now be purchased in steel and black.

Why Voopoo did not immediately provide buyers with the option of choosing a color solution remains incomprehensible.

Apparently, this is part of the marketing strategy of the manufacturer.

In black, the boxmode looks much more profitable, and the colored panels and engraving contrast better with the body, which makes them much more expressive.

I agree, these Again in the zone of special attention the boxed Voopoo DRAG 157W, which once again appeared before us in a new, or rather, in an updated style.

 

The expected increase in power also did not happen. Here I will explain. Extreme novelty – Alpha One, which few impressed, is completed with exactly the same Gene chip as DRAG. The maximum power of the Alpha One is 222 W, from here it can be concluded that the board in drag racing is simply simple, sorry, astrated. Apparently, this is another marketing feature of the Voopoo team, otherwise the alpha with its obviously losing design would become useless to anyone, although it is so …

Nevertheless, Voopoo again attracted public attention to its flagship, which marked the beginning of the company’s angular corporate style,  in a word, it’s a stunning mod that is worth purchasing.

Voopoo DRAG テクニカル MOD レビュー

Voopoo DRAG テクニカル MOD レビュー 僕はこのデザイン好きです。

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!■男物の香水みたいなパッケージ。■じゃん、文句なしにかっこいいです。
(意見には個人差があります)
510スプリングローデッドで、アトマで隠れる部分にもきっちりデザイン入れてきてます。
オサレです。

■パネル部。ブラシでもなくポリッシュでもなく滑らかなマット感。

■片面にデカデカと文字ロゴがプリントされてます。

■反対側はテカテカ。
この黒のおかげで黒いアトマを乗せてもしっくり来ます。

■おしり。ベントホールかと思いきやバッテリーのハウジングと関係無い位置に開いてるので、たぶん基盤放熱用です。

■電池カバーはマグネット式。

■ディスプレイこんな感じ。

■ワッテージモード。
ファイア時に電圧表示が出る点も好みです。

■130-157WはSUPER MODEと呼ぶらしい。
ただしこれ抵抗値によるっぽくて、0.63Ωで157Wに設定してもSUPERの表示はありませんでした。
説明書によると0.1〜0.3Ωで130W以上のときがSUPERらしいです。
そんな低抵抗でそんなハイワッテージかけること無いと思いますけども。

■TCモードです。

■プラマイ長押しするとメニューに。
ちょっとピント合ってなくてすみません。
「W」はVWモード、「M1〜5」ってのがカーブモードのプリセット、SNってのはシリアルナンバー表示で、

■このアイコンで決定を押すとファームウェアのバージョン表示です。
このアイコンSDカードなのかな。フロッピーに見えるんだけどおっさんなのかな。

■カーブモード設定は最低5Wから、

■最大157Wの間を1W刻みで設定です。
10秒間の挙動を設定するわけです。

■TC時にメニューに入ると「ΩSET」のアイコンが。
抵抗値を0.001Ω刻みで手動設定できます。

■で、もうひとつTC時の特別メニューで「°F」に目盛りのアイコンが。
TC時カーブモードです。これは初めて目にしました。

■10秒間の挙動をワッテージでなく温度で指定できるんです。
TC時の急発進が苦手なビビリの僕としてはこれ素敵です。

■ちなみに充電中の表示がこちら。
5段階の目盛りかと思いきや半分、っていう表示があって10段階なんですよね。
そして電池の電圧を1本ずつ管理している模様。
ワルそうな見た目なのに、このジェントルマンっぷりのギャップは惚れてまうと思います。

■24ミリのDrugaでぴったぴたな感じ。

■面によってデザインがガラっと異なるのはいい塩梅だと思います。

■黒いアトマでもちぐはぐな感じがしません。

■iPicoと並べた時のサイズ感はこんな感じ。

まずスペックから。説明書のまんまですけどね。
・サイズ:90*54*24mm
・有効電圧:6.4〜8.5V
・有効電力:1〜40A
・出力電圧範囲:0〜7.5V
・出力電力範囲;0〜40A
・抵抗値範囲:0.05〜3.0Ω(VW時) / 0.05〜1.5Ω(TC時)
・出力ワッテージ:5〜157W
・充電時の電圧/電流:5V / 1800mA
・待機電流:10μA以下
・温度管理範囲:200-600°F / 100-315°C
・電力ロス:5%以下
・ファームウェアアップグレード対応
電池抜いた重量はぴったり200gでした。
同じぐらいの出力を得られるKOOPOR PLUSが234gだったので、この部類の中では普通かなと思います。
Liveporと比べるのはマジでやめよう。ドカティとロードバイク比べるようなもんだから。
次にプロテクションです。
・電池逆差し保護
・10秒カットオフ
・過放電保護
・過電流保護
・過充電保護
・過放電保護
・短絡保護
・高抵抗保護
・異なるブランドの電池でもちゃんと充電するよ機能
(これは無いものと思って、同じ時期に買った同じブランドの電池を使うべきだと思う。電池ギャップがある以上、どちらかにアッパーキャップかオーバーロードを強いることになると思うので)
プロテクションもめっちゃしっかり付いてますね。
B系な見た目に反して、かなり育ちが良さそうです。
操作はけっこう直感的でした。
・5クリックでON/OFF。
・プラマイ同時長押しでファンクションメニューに移行。
・ファイアとプラス同時長押しでワッテージロック&ロック解除。
・ファイアとマイナス同時長押しで画面フリップ。
・3クリックでモード切り替え。モード切り替えはVW→TC(SS)→TC(Ni)→TC(Ti)の順にローテーションです。
・TC中に4クリックするとワッテージ調整できます。
個人的にこの「TC時のワッテージ調整」が無いと嫌です。
ワッテージや温度の上下は1刻み。
個人的には0.1刻みより1刻みのほうが楽なので好みです。
0.1Wの差って正直分からんし、とはいえ25Wにしよう、って思った時に25.2Wとかになってると気持ち悪いんすよ。
USB充電は2本の電池を独立して管理。
2A急速充電にも対応できるそうです。
すごい。すごい便利。
Geneチップってのを積んでるらしい。
結構実績のあるチップらしくて、ファームウェアをバージョンアップするとVVが使えたりTCRが使えたりするらしいですがMac非対応なので確認できませんでした…。
立ち上がりが異常に早くてビビります。
クラプトンデュアル0.8Ωで50Wなら熱が入るまで数秒かかるでしょ、と思って油断してたら「パンッ!」ってなりました。
嫁にすごい顔で睨まれました。
全体的な作りや質感も高級感があって、しっかり作り込まれている感じがします。
TC性能も申し分なし。
TC時のカーブモードとかユニークだし、Win機さえあればPCに繋いでDNAみたいないじりも可能だし。
そう考えるとこれで70ドル切るのは結構お値打ちだと思います。
そんな感じでーす!
ショップ提供なのでリンク貼ります→コチラ

■このアイコンで決定を押すとファームウェアのバージョン表示です。
このアイコンSDカードなのかな。フロッピーに見えるんだけどおっさんなのかな。

■面によってデザインがガラっと異なるのはいい塩梅だと思います。

■黒いアトマでもちぐはぐな感じがしません。

■iPicoと並べた時のサイズ感はこんな感じ。

まずスペックから。説明書のまんまですけどね。
・サイズ:90*54*24mm
・有効電圧:6.4〜8.5V
・有効電力:1〜40A
・出力電圧範囲:0〜7.5V
・出力電力範囲;0〜40A
・抵抗値範囲:0.05〜3.0Ω(VW時) / 0.05〜1.5Ω(TC時)
・出力ワッテージ:5〜157W
・充電時の電圧/電流:5V / 1800mA
・待機電流:10μA以下
・温度管理範囲:200-600°F / 100-315°C
・電力ロス:5%以下

■カーブモード設定は最低5Wから、

■最大157Wの間を1W刻みで設定です。
10秒間の挙動を設定するわけです。

■TC時にメニューに入ると「ΩSET」のアイコンが。
抵抗値を0.001Ω刻みで手動設定できます。

■で、もうひとつTC時の特別メニューで「°F」に目盛りのアイコンが。
TC時カーブモードです。これは初めて目にしました。

■10秒間の挙動をワッテージでなく温度で指定できるんです。
TC時の急発進が苦手なビビリの僕としてはこれ素敵です。

■ちなみに充電中の表示がこちら。
5段階の目盛りかと思いきや半分、っていう表示があって10段階なんですよね。
そして電池の電圧を1本ずつ管理している模様。
ワルそうな見た目なのに、このジェントルマンっぷりのギャップは惚れてまうと思います。

■24ミリのDrugaでぴったぴたな感じ。

■このアイコンで決定を押すとファームウェアのバージョン表示です。
このアイコンSDカードなのかな。フロッピーに見えるんだけどおっさんなのかな。

■カーブモード設定は最低5Wから、

■最大157Wの間を1W刻みで設定です。
10秒間の挙動を設定するわけです。

■TC時にメニューに入ると「ΩSET」のアイコンが。
抵抗値を0.001Ω刻みで手動設定できます。

■で、もうひとつTC時の特別メニューで「°F」に目盛りのアイコンが。
TC時カーブモードです。これは初めて目にしました。

■10秒間の挙動をワッテージでなく温度で指定できるんです。
TC時の急発進が苦手なビビリの僕としてはこれ素敵です。

■面によってデザインがガラっと異なるのはいい塩梅だと思います。

■黒いアトマでもちぐはぐな感じがしません。

■iPicoと並べた時のサイズ感はこんな感じ。

まずスペックから。説明書のまんまですけどね。
・サイズ:90*54*24mm
・有効電圧:6.4〜8.5V
・有効電力:1〜40A
・出力電圧範囲:0〜7.5V
・出力電力範囲;0〜40A
・抵抗値範囲:0.05〜3.0Ω(VW時) / 0.05〜1.5Ω(TC時)
・出力ワッテージ:5〜157W
・充電時の電圧/電流:5V / 1800mA
・待機電流:10μA以下
・温度管理範囲:200-600°F / 100-315°C
・電力ロス:5%以下

■面によってデザインがガラっと異なるのはいい塩梅だと思います。

■黒いアトマでもちぐはぐな感じがしません。

■iPicoと並べた時のサイズ感はこんな感じ。

まずスペックから。説明書のまんまですけどね。
・サイズ:90*54*24mm
・有効電圧:6.4〜8.5V
・有効電力:1〜40A
・出力電圧範囲:0〜7.5V
・出力電力範囲;0〜40A
・抵抗値範囲:0.05〜3.0Ω(VW時) / 0.05〜1.5Ω(TC時)
・出力ワッテージ:5〜157W
・充電時の電圧/電流:5V / 1800mA
・待機電流:10μA以下
・温度管理範囲:200-600°F / 100-315°C
・電力ロス:5%以下

■ちなみに充電中の表示がこちら。
5段階の目盛りかと思いきや半分、っていう表示があって10段階なんですよね。
そして電池の電圧を1本ずつ管理している模様。
ワルそうな見た目なのに、このジェントルマンっぷりのギャップは惚れてまうと思います。

■24ミリのDrugaでぴったぴたな感じ。

http://vape.healthcabin.net/buy-michael-200w-mod-get-free-cap-t-shirt-building-mat/