Joyetech ATOPACK PENGUIN Quick start レビュー

Joyetech ATOPACK PENGUIN Quick start レビュー 可愛くて美味しくて便利。

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!■可愛いパッケージ。
本体写真は入れないほうが良かったと思います。
上司から「何のパッケージか分からないじゃないか!」って言われて、しぶしぶ入れたんですよきっと。
国や人種や職業や宗教、そういうものをすべて飛び越えて「クソ上司」という言葉で人類はひとつになれると思います。■中身じゃーん!本体、説明書に注意書きカード、ワランティカード、謎のシリコンパーツ2点、USBケーブル、コイル2つ、です。

■本体どん。

■やや手の小さい僕でも掌に収まるサイズ感。
丸みを帯びて持ちやすいフォルム。

■おしり。ベントホール開いてますね。

■このように、カートリッジ部分とバッテリー部分に分かれます。
やや固いので、外す時ちょっとコツがあります。
利き手の親指がペンギンの首根っこに来るような形でペンギンの頭を握り、反対の手で胴体を持ちます。
で、親指に力を込めてペンギンの首を引き抜く。

■本体部分。2つのポッチが接点です。
スプリング式になってます。

■カートリッジです。
窓とメモリでリキッド残量が分かるようになってますが、

■正直分かりづらい。
でも8.8ml入るから、そんなに頻繁に確認しなくていいと思います。
8.8mlですよ。大容量です。

■反対側には何のリキッド入れたか忘れた時用のメモスペースが。
いいっすねこれ。カートリッジを買い足せば簡単に味を変えられます。

■さて、お尻を見ると最初こうなってまして、

■ここから爪を入れて、

■パカっと蓋を取ります。

■こうなるハズです。ここにコイルをハメるわけです。
真ん中の楕円の穴からリキチャします。

■コイルを開けましょう。
コイルは2個付属していて、ひとつは0.25Ω、DLってのはダイレクトラング(直肺)ってことですね。
要は煙がいっぱい出るよっていう。
で、もうひとつは0.6ΩでMTL、マウストゥラング(口吸い)です。
こちらを使うとドローが重く、ミスト量が穏やかになります。

■横から見るとこんな感じ。
セラミック製のケースにコットンとコイルが入ってる、っていう作りです。

■接点が見えてますね。
左がDLで右がMTLです。

■DLのほうは内径3.5ミリぐらい。
MTLのほうは2ミリぐらいですね。
普通にシングルワイヤーのコイルです。

■真上からみたところ。
真ん中の穴からコットンが見えてるのがわかるでしょうか。
縦長楕円の穴です。ここからリキッド供給されます。
カートリッジにセットする前に先に数滴垂らしておくと良いと思います。

■こういう向きで、カートリッジにコイルを差し込んでいきます。

■ずずっと。

■はい、入りました。
本体にセットしましょう。

■ここ、ここがエアホールです。

■バッテリー残量がLEDで表示されます。

■さて、謎のシリコンパーツですが、

■左のほうはこのようにマウスピースにかぶせる用のものらしい。
カバンの中とかで傷つかないようにするためなのかな。

■もうひとつはこう、カートリッジ底面の蓋です。
これズルいですよね。
カートリッジ買い足してね、ってことですよね。

カラバリはホワイト、シルバー、ブラック、レッド、ブルーの5種類。

ホワイトが一番ペンギンっぽいっすよね。

操作方法はシンプルで、5クリックON/OFF、あとはもう、ファイア!それだけ。
10秒カットオフとか短絡保護とか過放電保護とか、プロテクションも一通り付いてます。

バッテリー容量は2000mAh。
いわゆるペン型のスターターと呼ばれるラインの容量がだいたい1000〜1500mAhなので、やや多めと言えます。
BOX型だから当たり前っちゃ当たり前ですけどね。
Suorinもそうでしたけど、いわゆる「アトマとMOD、510接続」っていう姿を捨てることで、バッテリー容量を確保しながら小型化できるんだなっていう印象です。
公式サイトには2A充電に対応してるって書いてあるんですが、説明書には1Aで、とのこと。
試しに2A充電してみましたが、熱くなったりバッテリー膨らんだりすることはありませんでした。
コイルが2種類付いてきます。
0.25Ωのほうは内径3.5ミリぐらい。
0.6Ωのほうは2ミリぐらいですかね。
いずれも最初コットン臭しますが、わりとすぐ取れます。
使用後すぐはコイルユニット熱くなってるので注意です。
DLのほうはたしかに直廃いけるかんじ。
軽い抵抗があって、スッカスカではないです。
丁度いいかんじ。
爆煙ではないですが、Vape知らない人がどん引きするぐらいは出ます。
MTLのほうのコイルを使うと、ミスト量はだいぶんおとなしめに。
それでもやっぱりリアタバの人が引く程度には出てます。
MTL特化でキッツキツのドロー、というわけでは無いです。
石さんのブログで触れられてますがエアホールを適宜塞ぐことでドローの重さは変えられるので、キッツキツが好きな人はお試しあれ。
半分ぐらい塞ぐとグッと甘みが立つ、ノーチラス的な味わいに近づきます。
どっちのコイルも美味しい。
これは自分で巻くの嫌になる人もいるんじゃなかろうか、というぐらいには美味しいです。
カートリッジとコイルがセパレートになってるので、カートリッジ部分は洗浄可能です。
タンク容量は8.8mlと大容量。
コイルヘッドは水洗い禁止で、説明書によると「乾いた布で拭くぐらいにしておいてね」とのこと。
このカートリッジ方式、ファミコンとかカセットテープとかMDとかを体験した世代としてはグッとくるものがあるんですよ。
カートリッジを「ガショ」っと交換することでコンテンツが変わるよっていう。
カートリッジだけを持ち運ぶためにシリコンの蓋が付いてたりするあたりも狙ってる感ありますよね。
選べるコイル1つとカートリッジのセットで4.5ドルぐらいです。
カートリッジ単品だと3ドルぐらい。容量が2mlのバージョンがあるみたいですね。
最初にコイル2つ付いてるからカートリッジだけ買うのもアリかもしれません。
っていうかカートリッジも最初から2個付けて欲しかったな!
Suorinのコンパクトさを取るか、T20の濃い味MTL感を取るか、ペンギンの利便性を取るか。

スターター界が実に悩まし楽しい、そんな感じでーす!

(2017/07/22 05:05 追記)
リキッド残したまま長期間立てておくと、漏れます。
タンクから漏れたリキッドが本体を通過して、お尻の穴から出てきます。
長期間放置する場合はタンク外しましょう。
もちろん、タンク空で洗浄換装済みとかなら無問題です。

ショップ提供なのでリンク貼ります→コチラ!

Healthcabin Joyetech Atopack Penguin 2000mAh 8.8ml Review

Healthcabin Joyetech Atopack Penguin 2000mAh 8.8ml Review

既に各所でレビュー記事が上がっていますが私の自宅までオランダを経由して約1ヵ月、やっとこさ手元に届いたHealthCabinさん提供のJoyetech Atopack Penguinを今回レビューします。名前の由来通りペンギンの形をイメージした特殊な形状のオールインワンキットですが、単に初心者向けというだけでなく携帯機としても良さそうですね。現在販売されているカラーはシルバー、ホワイト、ブラック、ブルー、レッドの5色で、ペンギンだけにホワイトが欲しかったのですが手元に届いたのはブラックでした。それとこのAtopack Penguinはヨーロッパの規制の関係なのかタンクが2mlと8mlの2バージョンあるのですが、先に書いておくと規制に関係の無い人が2mlバージョンを購入するメリットは全くありません。

Thank you HealthCabin!!

Joyetech Atopack Penguin 仕様

サイズ 26.5×52×102.5(mm)
重量 139.5g
バッテリー 2000mAh内蔵
タンク容量 2ml/8.8ml
コイル 0.6Ω/0.25Ω専用コイル
付属品 0.6Ω/0.25Ωコイル各1個ずつ、USBケーブル、キャップ、マニュアル

さて、付属品の方を見ていきましょう。コイルは0.6Ωと0.25Ωの物が各1個ずつ付いていますが0.6ΩがMTLで一旦口に溜めて吸い込む口吸い用、0.25Ωが直接肺に入れて吸う直肺用となっています。面倒だったので写真に撮っていませんが充電用のUSBケーブルが付属しており充電中はランプが点滅、満充電で消灯。謎のシリコンパーツは単なるドリップチップ部(公式ではマウスピース)とカートリッジのカバーで、基本無くても良い物だと思います。それとマニュアルの他に黄色いカードが入っていましたが、コイル装着前にリキッドを垂らして馴染ませておけといった内容が記載されています。

セットアップに移ります。ただこれ初めて使う場合は凄く分かり難いんですよ。一度構造を理解すれば単純なんですけどね。まず最初にドリップチップ辺りをつまんで上にバッテリーからカートリッジを引き抜きます。次にカートリッジの底にはめてあるプラスチックのカバーを外します。このカバーはコイル装着以降は使いません。次に写真で矢印を付けてある穴にリキッドを充填。カートリッジの側面からはタンク内のリキッドが見えるようになっているので溢れ出ないように確認しながら充填します。最後にコイルを装着しますがマニュアルに従うなら装着前に事前にコイルにリキッドを垂らしておいてコイルのコットンを馴染ませておきます。

他、パフボタンの下にあるのはバッテリーの残量で5つのランプでお知らせ、その下の端子は見ての通り充電用のUSB端子。公式サイトを見ると最大2Aで急速充電出来ると書いてありました。それ以外だと気になるのがカートリッジのタンクの耐性ですがPETGという素材が使われているらしく、ざっと調べてみると医療機器等にも使われており薬品耐性はかなり強いようです。一つ気になるのがリキッド残量、これがカートリッジをバッテリーに装着すると確認出来なくなるんですよね。今時こんな仕様ありえるのって思うのですが、天下のJoyetechが何故このような作りにしちゃったのかは謎です。

Joyetech Atopack Penguin 感想

では実際に吸った感想を。私は口吸い派なので最初に0.6Ωコイルを使う予定だったのですが、0.25Ωのコイルのパッケージが軽く破れてたので先に0.25Ωコイルを使用します。既に各所で美味いと評判なので最初の方に書いておこうかと迷ったのですが、正に評判通り美味しいです。直肺用のコイルでも意地で口吸いしますが美味しいですねぇ。蒸気はそこそこ熱いのですが吸うのが辛いほどではないし濃い味がしっかり出てます。最近レビューした製品と比較するとJUSTFOG FOG1より私は確実に美味しいと思いますね。但し製品の仕様上、エアフローの調整は物理的に空気の吸入口を塞がない限りは出来ないのと0.25Ωコイルだとかなりドローが軽めなので重めを好む方は物足りないかも。次に口吸い用の0.6Ωコイルを試してみましたが、意外にもそんなに味の差は無くドローがちょっと重くなった程度ですかね。私的な好みでは口吸いに合っている事もあって0.6Ωコイルの方が好き。

良い所

  • お手軽仕様だけど味は本格的
  • 本体もコイルも安い
  • 漏れに強い構造で携帯にも良さそう

悪い所

  • 一旦バッテリーから引き抜かないとリキッドの残量が見えない
  • 構造上、リキッドチャージがやり難い
  • ドリップチップを換装出来ない

目立って良い所と悪い所が混在する製品と言うのが私のJoyetech Atopack Penguinに対する感想。特にリキッドの残量が分からないのは致命的だと思うのですが、この部分は本当に納得いかないです。それでも、それでも美味しいから許せちゃう魅力はあります。今回頂いたAtopack Penguinは2mlタンクの物なのですが8.8mlタンクバージョンを買っておけばあまりリキッドの残量を気にせずに使えるんじゃないかなとは思います。

他に不満点としてはリキッドチャージが面倒な所かな。トップフィルで楽々チャージって仕様ではないので、結構手がベットリ汚れます。ドリップチップの件は私は慣れましたが、それでも好みのドリップチップが使えたらもっと美味しく吸えたのにという残念な気持ちもあります。

最後に今回提供して頂いたJoyetech Atopack PenguinHealthCabin2mlタンクバージョンが$19.99、8.8mlタンクバージョンが$24.99で販売中。ふと気付いたのですが2mlタンクバージョンの本体と別売りの8.8mlカートリッジを一緒に買えば8.8mlタンクバージョンを買うよりちょっとだけ安いです。

Various Vaping Options for Beginner

Various, Vaping, Options, Beginner

We recommend starting out with a simple device and then working your way up. Let’s take a look at these options:

Cigalike – These are tiny devices that look like cigarettes, feel like cigarettes and even puff like them, however they are tiny electronic cigarettes that contain pre-filled e-juice

and a heating coil contained in a small cartridge or “catomizer” as they’re called. These devices typically have no button and are activated by simply taking a drag.

Vape pen – Although still considered an e-cigarettevape pens are bigger, more powerful, and have a longer battery life. Although they have vape pens with pre-filled tanks,

many of them can be filled with your choice of e-liquid. Many big brands, like SMOK, also launched vape pen, we recommend you guys Smok Vape Pen Plus Kit here.

Pod mod – The next step up from a cigalike would be a new phenomenon that we have dubbed a pod mod. These vaporizers are usually small and lightweight, and utilize

pods that contain e-liquid.

Starter kit – Starter kits can come in all different shapes and sizes, but the one thing they all have in common is that they provide (just about) everything you’ll need to start

vaping and can include anything from a vape pen, a pod mod, or a tank/mod combo.Joyetech Atopack Penguin and Aspire Breeze are much popular at present, and they are

also good choices for new vaper.

Some vapor products look like cigarettes (usually called “cigalikes”), and some are larger. Many people choose a cigalike first because they’re often found in the same stores where cigarettes are sold, they look familiar, and they have a fairly low initial cost.

There is worry of ignition and battery explosion only on electronic parts. When there is only one e-cigarette, the battery runs out and there is stress which it cannot absorb.

The availability of e-liquid containing nicotine is bad because the absorption rate of nicotine is bad, it lacks refreshing feeling in a short time.