0

【Modレビュー】Joyetech CUBOID TAP 228W レビュー

【Modレビュー】Joyetech CUBOID TAP 228W レビュー

はい、どうも今回はJoyetech CUBOID TAPのレビューです。

以前レビューしたクリアロとセットで提供いただいたのですが、
別々にレビューしてます。

クリアロの記事のほうに事情は書いてますが、
最近のJoytechのキットはこのアトマになるから別のほうがいいだろうって理由です。

Healthcabinさんから提供頂きました。

というわけでHealthcabinさんオファーありがとうございます!
Thank you Healthcabin!!

Healthcabinで購入する場合hcsamo10入力で10パーセントオフになります。

簡易スペック

Size: 28.0mm*41.0mm*134.0mm
Colors: silver, black, red, yellow, blue
Weight: 174.5g (with coil, without cell)
Aries capacity: 4.0ml
Output mode: Power/Clock/Temp (Ni, Ti, SS316)/TCR (M1/M2/M3)/USB Charge mode
Applicable heads: ProC series heads
Features: TAPTECTM, pressure-sensitive, vibration motor, 
          2A QC,power bank, preheat, custom logo, real-time clock
Output range: 1-228W
Depth of 510 pins applicable: 4.0-5.5mm
Resistance range: 0.05-1.5ohm under Temp/TCR mode
0.1-3.5ohm under Power/Clock mode
Temperature control: 100-315 degree C/ 200-600 degree F
Battery using: dual married high-rate 18650 cells
(continues discharge current 25A)
Max charging current: 2.0A
Max output current: 50A

HCサイトからコピペ。

18650デュアルのModです。
2Aバランス充電対応かな。

使い勝手はいいModです。

そして軽い。

あと特徴的なのが、感圧式ボタンとバイブですかね。

箱とか

この指で押してる部分が、感圧式のパフボタンです。

解説とか

はい、いきなりドン。

写真だとちょっとカッコよさげに見えますが、
このウッドっぽいシールの上のクリアがてっかてかで少しやすっちいです。

普通にヘアライン仕上げとかでよかったんじゃないかなと思わなくはない。
中途半端に高級感出そうとするより、自分は無骨なほうが好きです。

+-は感圧式です。
これどっちが+かとかわかるようにしといたほうがいいんじゃないかなと思う。

側面。

一応物理のパフボタンもついてます。

ボタン周りの仕上げがちょっと悪い。

背面。

上部。

コネクタはいつも通りスプリング式。

全面このヘアライン仕上げでいいのになーと思わなくもない。

ベントホールと、バッテリーカバーです。

ちょっとホコリがきになるけど、
iPV6Xとの比較。

サイズ的には大差ないですが、こちらのほうが軽い。
実用面ではこっちかなー。

バッテリー側のコンタクトは金メッキですね。

そして画面はでかい。

このディスプレイのでかさは、細かくいじりたい人にはいいんじゃないかな。
それこそカスタムファーム入れて色々表示させたい場合もいいと思います。

輝度もしっかりあって見やすい。

Procoreのっけるとこんな感じ。

意外としっくり来てるというか、
eVic primo miniよりかはこっち向きで作ってるんだろうなと感じます。

サイズ的には25mmアトマがツラになる感じです。

仕様方法

別途まとめたのでこちらを

まとめ

使い勝手は基盤の良さもあって、かなりいいです。

ちょっと感圧式のボタンのほうがいまいち反応鈍いというか、
機械式よりレスポンスが悪い気はします。

あと、W数とか変えるときのバイブが微妙な長さなんですよね。
iPhoneのタッチIDの認証失敗したときくらいの、バイブの感じだったらすごくよかったと思うんだけど、
それよりも微妙に長くてちょっと間の抜けた感じになってます。

仕上げに関しては値段なりかなと思ってますが、
軽いし普段使いにはいいModだと思ってます。

基本的に最近のModは性能いいのが多いので、
見た目でいいと思うんです。

特にJoyetech系列とか、Aspireとかそこらへんのは見た目で決めていいと思うよ。

購入はこちらからー

Mod本体

Joyetech CUBOID TAP 228W Box Mod

キット

Joyetech CUBOID TAP 228W Kit with ProCore Aries Tank

クーポンコードhcsamo10で10パーセントオフなので、
何もセールがないときは使ってみるといいです。

僕にキックバックとかはないので、安心してくださいw

Supplier Daily News-Inookin, Joyetech, Eleaf, Wismec & Kanger

 

Joyetech CUBOID TAP with ProCore Aries レビュー

Joyetech CUBOID TAP ProCore Aries

感圧式タッチパネル搭載MODなんです。

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!■開けまーす。■内容物は本体と、■Kitのクリアロが入ってる箱。
あと割愛するけど説明書、USBケーブル、ワランティカード、CAUTIONカード、それからクリアロ用のコイルのラインナップが書かれたカード、が入ってます。

■クリアロ。ProCore Ariesってのがこのタンクの名前でしょうか。
一緒にすると長いので、このタンクについては別記事にしました。

■さて本体。
ディスプレイの上のおおきめ長方形と、ディスプレイ下の細長い長方形が感圧式タッチパネルです。
上がファイア、下がプラマイ。

■うーっすら文字ロゴが入ってます。

■510スプリングローデッド。

■タッチパネル以外にもちゃんと機械式のファイアボタンが付いてます。

■背中。

■おしり。ベントホール開いてます。

■電池はこの向きで。
シリーズ接続(直列)ですね。

■ディスプレイこんな感じ。

■こんな感じ。
情報量多いですが、ディスプレイ面積が広いので、苦になりません。

■モード選択画面。これはPOWER、つまりVWモードです。

■時計、

■タッチパネルのロック設定。

■温度管理。ここからNi、Ti、SSと繋がって、

■TCR。メモリーは3つ用意されてます。

■電源OFF時にファイアボタンとマイナス同時押しでバッテリー残量チェック。

■電源OFF時にファイアボタンとプラス同時押しでTCR設定画面へ。

■ちなみに放っとくと時計に。
しばらくすると自動的にディスプレイOFFになります。

■付属のProcore Ariesタンクと。

■24ミリのCheetah2と。

■24ミリを乗せてもこんだけ余裕あります。

iPicoとサイズ比較。

■こんな感じ。
デュアルバッテリーのMODのとしては結構小さいと思います。

Kitのクリアロについては別記事にしました!

まずは、ざっくり仕様です。
サイズ: 28.0mm*41.0mm*86.0mm
重量: 120.5g (電池除く)
モード: パワー(VW) / Clock / TC (Ni, Ti, SS316) / TCR (M1/M2/M3) / USB Charge mode
出力電力: 1-228W
対応する510コンタクトの長さ: 4.0-5.5mm
抵抗値範囲: 0.05-1.5ohm under Temp/TCR mode
 0.1-3.5ohm under Power/Clock mode
温度管理範囲: 100-315°C/ 200-600°F
充電: 最大2.0A
最大出力: 50A
バッテリーは18650を2本使用。25A以上のもので、ペアで買ったものを使ってね、とのこと。
カラバリはsilver、black、red、yellow、blueの5色です。
続いて操作方法。
5クリックで電源ON/OFF。
ちなみにタップボタン5クリックでも電源OFF。ONには使えない模様。
3クリックでモード選択メニューに入ります。
VW時に4クリックすると右上の箱が点滅。
アンペア数、パフ回数カウンター、パフ時間カウンターから選べます。
普通アンペア数にしますよね。
電源OFF時にファイアボタンとマイナス同時押しで電池それぞれのV数を表示。
電源OFF時にファイアボタンとプラス同時押しでTCRの設定画面に。
電源ON時にファイアボタンとプラス同時押しでタップボタンのロック設定画面に。
電源ON時にファイアボタンとマイナス同時押しでステルスモードのON/OFFができます。
一瞬効いてないみたいな感じしますが一回パフるとステルス状態になります。
TC時に4クリックでTC設定メニューへ。
マイナスボタンを押すごとに抵抗値ロック→右上の枠の表示→ワッテージの調整とローテーションで切り替わります。
左上の抵抗値枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと抵抗値ロックのON/OFF、右上の枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと表示の切り替え(アンペア数、パフ回数カウンター、パフ時間カウンター)、ワット数が点滅してるときにはプラマイボタンでワッテージの調整ができます。
ちょっと複雑すね。
ちなみにほっとくと時計画面になります。
ファームウェアアップグレード、だいたいWindows用しか無いじゃないですか。
安心してください。Macもありますよ!
Joyetechの公式からSupport→SoftwareDownload→VT Software to Upgrade Cuboid TAPと飛ぶとダウンロードページへ。
直リン貼っちゃうとココ(http://www.joyetech.com/mvr-software/?sid=237)です。
カスタムロゴも使えるみたいです。
大きい部分としては感圧式のタップボタンを搭載してるところですかね。上の大きいのがファイアボタン、ディスプレイの下の細長いのがプラマイボタンです。
使った感じ悪くないんですが、タップ式のファイアボタンはやっぱりどうしても慣れませんね。
機械式のファイアボタンがあるので、結局そっちを使っちゃいます。
あと、机においてある状態からつまみあげたときに誤ファイアしちゃったりとか。
タップした時にバイブするんですけど、MODっぽくないっていうか。
とにかく、タップ式ファイアボタンは、あんまり良い使い心地って感じしません。
プラマイボタンの使い心地は悪くないです。
充電機能がちょっと賢くて、2本の電池を1本ずつ管理してくれます。2A急速充電にも対応。
TC性能の具合も優秀です。
TCR付いてるので色んなワイヤーに対応できるし、TC時のワッテージ設定も可能。

このへんはさすが実績あるメーカーって感じでしょうか。

まとめます。
電池2本使う割に小さめのサイジングや重量など基本スペックはかなり高いです。
最大出力225Wなので、まぁ困ることは無いでしょう。
ファイアボタンのタッチパネルは正直いらんかったんじゃないかなー。
付属のクリアロ「ProCoreAries」については別記事にしました!

ショップ提供品なのでリンク貼ります。→コチラ

左上の抵抗値枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと抵抗値ロックのON/OFF、右上の枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと表示の切り替え(アンペア数、パフ回数カウンター、パフ時間カウンター)、ワット数が点滅してるときにはプラマイボタンでワッテージの調整ができます。
ちょっと複雑すね。
ちなみにほっとくと時計画面になります。
ファームウェアアップグレード、だいたいWindows用しか無いじゃないですか。
安心してください。Macもありますよ!
Joyetechの公式からSupport→SoftwareDownload→VT Software to Upgrade Cuboid TAPと飛ぶとダウンロードページへ。
直リン貼っちゃうとココ(http://www.joyetech.com/mvr-software/?sid=237)です。
カスタムロゴも使えるみたいです。
大きい部分としては感圧式のタップボタンを搭載してるところですかね。上の大きいのがファイアボタン、ディスプレイの下の細長いのがプラマイボタンです。
使った感じ悪くないんですが、タップ式のファイアボタンはやっぱりどうしても慣れませんね。
機械式のファイアボタンがあるので、結局そっちを使っちゃいます。
あと、机においてある状態からつまみあげたときに誤ファイアしちゃったりとか。
タップした時にバイブするんですけど、MODっぽくないっていうか。
とにかく、タップ式ファイアボタンは、あんまり良い使い心地って感じしません。
プラマイボタンの使い心地は悪くないです。
充電機能がちょっと賢くて、2本の電池を1本ずつ管理してくれます。2A急速充電にも対応。
TC性能の具合も優秀です。
TCR付いてるので色んなワイヤーに対応できるし、TC時のワッテージ設定も可能。

このへんはさすが実績あるメーカーって感じでしょうか。

まとめます。
電池2本使う割に小さめのサイジングや重量など基本スペックはかなり高いです。
最大出力225Wなので、まぁ困ることは無いでしょう。
ファイアボタンのタッチパネルは正直いらんかったんじゃないかなー。
付属のクリアロ「ProCoreAries」については別記事にしました!

ショップ提供品なのでリンク貼ります。→コチラ

左上の抵抗値枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと抵抗値ロックのON/OFF、右上の枠が点滅してるときにプラスボタンを押すと表示の切り替え(アンペア数、パフ回数カウンター、パフ時間カウンター)、ワット数が点滅してるときにはプラマイボタンでワッテージの調整ができます。
ちょっと複雑すね。
ちなみにほっとくと時計画面になります。
ファームウェアアップグレード、だいたいWindows用しか無いじゃないですか。
安心してください。Macもありますよ!
Joyetechの公式からSupport→SoftwareDownload→VT Software to Upgrade Cuboid TAPと飛ぶとダウンロードページへ。
直リン貼っちゃうとココ(http://www.joyetech.com/mvr-software/?sid=237)です。
カスタムロゴも使えるみたいです。
大きい部分としては感圧式のタップボタンを搭載してるところですかね。上の大きいのがファイアボタン、ディスプレイの下の細長いのがプラマイボタンです。
使った感じ悪くないんですが、タップ式のファイアボタンはやっぱりどうしても慣れませんね。
機械式のファイアボタンがあるので、結局そっちを使っちゃいます。
あと、机においてある状態からつまみあげたときに誤ファイアしちゃったりとか。
タップした時にバイブするんですけど、MODっぽくないっていうか。
とにかく、タップ式ファイアボタンは、あんまり良い使い心地って感じしません。
プラマイボタンの使い心地は悪くないです。
充電機能がちょっと賢くて、2本の電池を1本ずつ管理してくれます。2A急速充電にも対応。
TC性能の具合も優秀です。
TCR付いてるので色んなワイヤーに対応できるし、TC時のワッテージ設定も可能。

このへんはさすが実績あるメーカーって感じでしょうか。

まとめます。
電池2本使う割に小さめのサイジングや重量など基本スペックはかなり高いです。
最大出力225Wなので、まぁ困ることは無いでしょう。
ファイアボタンのタッチパネルは正直いらんかったんじゃないかなー。
付属のクリアロ「ProCoreAries」については別記事にしました!

ショップ提供品なのでリンク貼ります。→コチラ

 

Joyetech CUBOID TAP 228W

 

JOYETECH CUBOID TAP

Hi Apes, Todays review is for the Joytech Cuboid Tap. This device was sent to me by James @Healthcabin. So a big thanks to James for sending the device to me, this however will have no influence on my review.

Whats in the box.

1 Cuboid Tap mod
1 usb charge cable for charging or firmware upgrades comes in a box rather than just rolling around.
1 manual
1 battery warning card
1 warning card about turning off the device when not in use
1 warranty card.

Stats.

Size: 28.0mm*41.0mm*86.0mm
Color: Silver/Black/Red/Yellow/Blue
Output mode: Power/Clock/Temp (Ni, Ti, SS316)/TCR (M1/M2/M3)/USB Charge mode
Features: TAPTECTM/pressure-sensitive/vibration motor/2A QC/power bank/preheat/custom logo/real-time clock
Output range: 1-228W
Depth of 510 pins applicable: 4.0-5.5mm
Resistance range: 0.05-1.5ohm under Temp/TCR mode
0.1-3.5ohm under Power/Clock mode
Temperature control: 100-315 C/ 200-600 F
Battery using: dual married high-rate 18650 cells
(continues discharge current 25A)
Max charging current: 2.0A
Max output current: 50A

So I have been using the tap for about 10 days now. The fire button is good and i have had no problems with it, but thats not the only fire button on the device there’s another way to fire this mod and thats why this mod is called the tap, along with the up down buttons theres a big touch pad above the nice large screen. The pad and the up down buttons are all touch sensitive and vibrate when you touch them just like a mobile phone on vibrate mode.
These touchpads can be turned off in the menu which I think had to be part of the mods make up, imagine putting the Tap in your pocket and it making contact with anything, this would have the very big possibility of causing problems. The tap also has a squeeze function where you can squeeze the sides of the mod to alter some settings. I will explain all this in a while.
The fire button and the fire pad both fire instantly the 510 has a gold plated pin and the battery contacts also are gold plated. Batteries go in the bottom of the mod in the same way as the Smok marshal ipv8 and a few other mods.
mentioning IPV mods the 6x is tiny but the Cuboid Tap is slightly smaller in height only 1mm though it is slightly wider and deeper than the IPV 6X but again only a mm or 2. the mod will accommodate 27mm tanks, i have had a tfv12 on with no overhang but a sherman tank has a slight overhang towards the fire button only. All atomizers fit flush.
I will also mention that the up down buttons on my device will function if you press where the usb port is, so again this may just be my device but it can lead to the device accidently pushing up the power and giving a dry or burnt hit.
The Tap is also usable as a power bank if you buy the reverse charge component which fits the Predator and other Eleaf/Joytech/Wismec devices and you can customize your screen avatar.
We have a usb port for firmware upgrades and 2 amp usb charging, i still recommend external charging but at least you have a fast charging usb if you are in a rush to charge your batteries.
One thing i really like about the Tap is you have a large clock on the screen once the device goes into rest from having a vape.
On screen during a vape and just after we have what mode i e power, or tc wire.coil ohms, amps, power setting ,voltage and of course both batteries level indicated.
In TC mode the power is replaced by temp and the voltage is replaced by the power your using in tc mode

Temp control is very good on the Cuboid Tap also and it is programmed with ss ti and ni200 settings as well as tcr settings that you can program in yourself.

The device comes in the following colours I opted for the Yellow for something different and can be purchased as a kit which includes a Procore Aries tank.

Ok lets quickly run through the menu system.

5 presses of the fire button or tap pad will switch the mod on and off.
3 presses will get you into the menu where you use the up and down tap buttons to alter your settings and change which setting to alter. This is basically the same as the Wismec predator and other Joytech mods. and is easy to do.
I will say it can take a short while to get to remember how to at first but that can be said for a lot of mods.
You can also set how long you want the screen to remain active.

We also have the squeeze which is done by squeezing the sides of the mod. But theres 2 Squeeze setting menus one when the mod is on and one when the mod is switched off.

switched on

3 squeezes gives the option to change tcr settings
4 squeezes rotates the screen 180 degrees
5 shows battery voltage

mod switched off

3 presses activates wether you want to lock or unlock the tap buttons.
4 presses gets you into the menu settings
5 presses goes into or out of stealth mode.

The squeeze is a con for me, mine is not functioning at times and also miscounts how many times i have pressed it. In truth i don’t really use it anyway as the other tap buttons and menu do the things i need.

Pros.

1. Nice in the hand
2. large screen
3. clock on screen
4. new innovation regarding the touch buttons
5. fires instantly
6. looks good
7. 2 amp charging

Cons.

1. Tap tech could be a problem if not switched off when its in your pocket
2. my squeeze doesn’t work correctly maybe this is just my device in fairness
3. I would like to have seen the 510 about 3mm more to the centre just to make a little more room for larger diameter atomizers.
4. The up doen buttons working when touching the usb port area.

Conclusion

The Cuboid Tap is a great device with something different to offer with the touch pad tech. I love the large screen and how the device performs. I think if Joytech could change the 510 placing then that would be great. Tap tech won’t be for everyone and remember its a new innovation which could be improved and no doubt will.
My main concern is as mentioned if people leave the tap tech on and the pad is to come into contact with anything making it fire this could lead to an incident.
The device works really well in tc modes and firing instantly is a big plus for me
Is it worth getting?, the answer is if you want a small duel 18650 device with something different then yes . If you worry about the tap tech then maybe not, just remember the Taptech can be turned off or even just the large pad at the top can be leaving the up down buttons functioning. Vape quality is excellent and for me thats one of the main things. The large clock is also something i like and offers you the ability of keeping an eye on the time ie you are on a lunch break at work you can keep an eye on how long you got to vape before you need to return to work

Healthcabin asked me to put a link to the product in my review so here it is if you want to check it out
http://www.healthcabin.net/joyetech-cuboid-tap-228w-box-mod-p/14343.html

Thanks for reading my review. See you next time.