0

Sub Ohm Innovations Subzero X Mech Mod Healthcabin Review

Sub Ohm Innovations Subzero X Mech Mod Review

Sub Ohm Innovations Subzero X Competition MOD【VAPE・MOD】

 かっこいい筒。

箱。

こんな感じで

はい。

こちらはhealthcabinの提供でございます。

25mm径、高さはバッテリーを入れない状態で93.5mm。
バッテリーを入れると96mmになります。

ハイブリッド接続のメカニカルMODなので色々お勉強してから使ってください。

基本的には本体とアウタースリーブという構成。
ベントホールはアウタースリーブで隠れるようになっています。

さらに分解するとこうなります。
中にショートプロテクションスリーブも入っていて安心。

トップキャップの内側にもインシュレーター。
安心。

でも色々気をつけましょう。

スイッチ部。
ここは本体が何色でもカッパーになるようです。

上から見ると接点部分に+と入っています。
周りのインシュレーターが一段高くなっているのでスイッチ側(下)をバッテリーの+にしないと通電しない構造になっています。

この「+を下にする」というのがこのMODで注意する点なんですが間違えても通電しないだけなのであまり神経質にならなくてもいいかと。
でも注意するに越したことはない。

さらに分解しようと思ったんですが「ここ分解したら保証の対象外」と書いてあったので我慢することにします。

バッテリーを入れるとカッパーの部分が約2.5mmほど露出。

ロックはスイッチ部を引っ張って回します。
この状態だと左に回してロック、右に回してアンロック。

最大の特徴はSubzero X Competition RDAとハイブリッド接続できるところ。

まずRDAの510アダプターを外して、

MOD側のトップキャップも外して、

合体!

表面処理が違うのがちょっと気になりますがコンパクトになります。
510アダプター+トップキャップありの接続で約140mm。
ハイブリッド接続で約131mm。
数字にすると微妙だな・・・。

他のアトマイザーも載せてみようということで24mmのYetiを。
あれ?なんかこっちのほうがいいかも・・・。

アトマイザーと同じで武骨な感じではあるんですが色々考えて作られているMODですね。
スイッチの感触もかなりいいです。
RDAと揃えるかどうかは好みもあるのであまり意識しなくてもいいかなと。
載せたいものを載せよう。
ポジティブピンだけはしっかり確認してください。
トップキャップが外せるので確認しやすいでしょう。
最近は入門用的なハイブリッドメカニカルMODも増えていますがちょっと頑張ってこれを選択するのもいいんじゃないかと思います。

商品ページはこちら。
healthcabin Sub Ohm Innovations Subzero X Mech Mod Stainless
healthcabin Sub Ohm Innovations Subzero X Mech Mod Black
healthcabin Sub Ohm Innovations Subzero X Mech Mod Copper
healthcabin Sub Ohm Innovations Subzero X Mech Mod Brass
クーポンコード”HCMAT10”で10%OFFになります。

それでは皆様ごきげんよう。

アデュ~。

Introducing the SubZeroX Competition Mod By Sub Ohm Innovations. The Legendary Subzero Competition Mod was introduced first then the shorty Subzero Mod. They both were innovative but the people wanted more! The Legendary and Shorty had a baby then named it the Subzero X and it is everything you have asked for, everything you have dreamed of and more than you can imagine. Turn it into a full set up with the new 25mm Subzero X RDA

Features:
1. Three Piece Clutch Contact
2. Interchangeable Sleeve
3. Hybrid 510 Connection
4. Locking Switch
5. High Flow Battery Safety Vents
6. Reverse Battery Protection
7. Internal Short Protection Sleeve
8. 25mm Diameter x 96mm Length
9. Single 18650 Li-ion Battery (Not Included)

Sub Ohm Innovations SZX Mini RDA Atomizer Review

0

[Sub Ohm Innovations] Subzero X Competition RDA レビュー (サブゼロ)

[Sub Ohm Innovations] Subzero X Competition RDA レビュー (サブゼロ)

Subzero X Competition Mod用のRDA。
510を介さないコンタクトが可能です。

Healthcabin様からご提供いただきました。
ありがとうございます!!■開けまーす。■RDA本体、付属品袋、左下にあるのが510コンタクトを外すためのツールです。
あと説明書と金属製のシリアルナンバーカード。
■付属品。六角が2本。Oリング、ネジ、インシュレーター、コイル押さえパーツのスペアですね。
■RDA本体。デッキ下部にさりげなく「SΩI」のロゴ。
トップキャップにはリング状のモールドが。これがあるだけでトップキャップ外しやすいです。
シンプルでカッコイイです。用の美って感じ。
■バラします。重なり具合で調整するサイドエアフロー。よくあるシンプルなやつです。

■ドリチ。内径は10ミリほどのストレート。

■トップキャップ。ブラシ仕上げが綺麗です。

■裏。1段階で絞られてますね。

■チャンバーチューブ。エアホールが開いた、まさに筒。シンプルです。

■デッキ。これは特徴的。

■ポスト上部の6角ネジを回すと、コイル足を押さえるバーが浮くようになるんです。

■右下にスペアパーツを並べてみました。
ポストの中身はこういう位置関係になってますよっていう。

■おしり。ポジピンは調整不可です。
小さい穴が2つ開いてますがこれが今回のキモです。

■ポジピンはがっつり突出してます。

■さて、ここでこのツールなんですが、

■もう説明書の写真を載せちゃいますけど、こういうことですね。
510コンタクトピンのパーツを外すことで、このRDAがSubzero X MODのトップキャップ部分に直接合体するようになる仕掛けです。

■実際にやってみましょう。
お尻にこう刺して、回すと…

■こう外れるわけです。

■ちなみに露出したおしりから更にプラスネジを外すとデッキ分解します。

■さて、Subzero X MODをご用意ください。

■MODのほうのトップキャップを外します。

■で、RDAとMODをスレッド固定すると、

■こうなります。単純に右下のパーツが無いぶんだけ背が低くなります。
あとポジティブピンじゃなくてポジティブ面が電池の極と触れるので、導電率が良いような気がする。
この状態だとアトマ側のコンタクト、インシュレートされてないので電池の向きに気をつけてください。
このMODはアトマ側がマイナス、ファイアボタン側がプラスです。

■ゴツめのクラプトンで。
これで0.33Ωでした。

■ウィックこれくらい。

■そういう事じゃないだろと思いつつもいつもの単線26ゲージマイクロ。
これで0.5Ωでした。
エアホール1つ開けぐらいで吸ってみると意外といけるやんって感じでした。

■ハーフインチなら手持ちのドリチが使えますが、だいぶユルいです。

■Compassのドリチを乗せてみました。
オールSSで可愛いです。
ここで気付いちゃったんですが、MODとRDAでSSの質感が微妙に異なります。

25ミリのRDA。
重量は約60g。
高さはドリチを抜いて33ミリです。
同社のSubzero X Competition MODと組み合わせることで真価を発揮します。
カラバリもMODに合わせてCopper、SS、Black SS、Blassの4種類。
精度が高くてOリングが固すぎるとかユルユルだとかいうことが無いです。
気持ちよくハマるし、気持ちよく外れる。
エアフローはサイドの4連穴の開け具合で調整するシンプルな構造。
デュアル前提です。
前回にすると呼吸レベルのスカスカ。
いっぽう絞ろうと思えばいくらでも絞れるので、コイルのサイズなどに合わせて調整可能。
チャンバーチューブとデッキの位置も固定されてないので、コイルの位置にエアホールを持ってこれます。
デッキのワイヤー固定方式が素敵です。
ポストの床部分と円柱でワイヤーを挟む方式。簡単に言えばクランプですが、コイル足の通しやすさとか細かい部分でよく考えられてるな、という印象。
ウェルも5ミリほどあるので、ある程度のチェーンを想定されています。
まず、こいつ本来の仕事をさせようと思ってゴツめのクラプトンを積みました。
かなりコイルボリュームあったんですが、コンタクトピンを介さないハイブリッド接続、さすがの立ち上がりです。
数パフで部屋真っ白。
いかにも競技用って感じ。
次に、いつもの単線で組んでみましたが、悪くないです。
エアホール1つか0.5ぐらいに絞ってドンピシャの位置にマイクロコイルを持ってくると、まあまあ美味しい。
ただ、わざわざ25ミリのこのドリッパーで味追求するかっていうと本来的じゃあないですけどね。
ちょっと残念だったのは、よく見るとRDAとMOD、SSの質感が微妙に違うんすよね。
RDAのほうがやや黄色いっていうか。
まとめます。
基本は爆煙のために設計されたものです。
クラプトンなどゴツいワイヤーはもちろんのこと、単線も挟みやすいデッキ構造。
シンプルなサイドエアフローで、絞れば単線での運用も悪くない。
値が張りますが、MODとセットで買いたいです。
そんな感じでーす!
ショップ提供なのでリンクはります→コチラ

■さて、Subzero X MODをご用意ください。

■MODのほうのトップキャップを外します。

■で、RDAとMODをスレッド固定すると、

■こうなります。単純に右下のパーツが無いぶんだけ背が低くなります。
あとポジティブピンじゃなくてポジティブ面が電池の極と触れるので、導電率が良いような気がする。
この状態だとアトマ側のコンタクト、インシュレートされてないので電池の向きに気をつけてください。
このMODはアトマ側がマイナス、ファイアボタン側がプラスです。

■ゴツめのクラプトンで。
これで0.33Ωでした。

25ミリのRDA。
重量は約60g。
高さはドリチを抜いて33ミリです。
同社のSubzero X Competition MODと組み合わせることで真価を発揮します。
カラバリもMODに合わせてCopper、SS、Black SS、Blassの4種類。
精度が高くてOリングが固すぎるとかユルユルだとかいうことが無いです。
気持ちよくハマるし、気持ちよく外れる。
エアフローはサイドの4連穴の開け具合で調整するシンプルな構造。
デュアル前提です。
前回にすると呼吸レベルのスカスカ。
いっぽう絞ろうと思えばいくらでも絞れるので、コイルのサイズなどに合わせて調整可能。
チャンバーチューブとデッキの位置も固定されてないので、コイルの位置にエアホールを持ってこれます。
デッキのワイヤー固定方式が素敵です。
ポストの床部分と円柱でワイヤーを挟む方式。簡単に言えばクランプですが、コイル足の通しやすさとか細かい部分でよく考えられてるな、という印象。
ウェルも5ミリほどあるので、ある程度のチェーンを想定されています。
まず、こいつ本来の仕事をさせようと思ってゴツめのクラプトンを積みました。
かなりコイルボリュームあったんですが、コンタクトピンを介さないハイブリッド接続、さすがの立ち上がりです。
25ミリのRDA。
重量は約60g。
高さはドリチを抜いて33ミリです。
同社のSubzero X Competition MODと組み合わせることで真価を発揮します。
カラバリもMODに合わせてCopper、SS、Black SS、Blassの4種類。
精度が高くてOリングが固すぎるとかユルユルだとかいうことが無いです。
気持ちよくハマるし、気持ちよく外れる。
エアフローはサイドの4連穴の開け具合で調整するシンプルな構造。
デュアル前提です。
前回にすると呼吸レベルのスカスカ。
いっぽう絞ろうと思えばいくらでも絞れるので、コイルのサイズなどに合わせて調整可能。
チャンバーチューブとデッキの位置も固定されてないので、コイルの位置にエアホールを持ってこれます。
デッキのワイヤー固定方式が素敵です。
ポストの床部分と円柱でワイヤーを挟む方式。簡単に言えばクランプですが、コイル足の通しやすさとか細かい部分でよく考えられてるな、という印象。
ウェルも5ミリほどあるので、ある程度のチェーンを想定されています。
まず、こいつ本来の仕事をさせようと思ってゴツめのクラプトンを積みました。
かなりコイルボリュームあったんですが、コンタクトピンを介さないハイブリッド接続、さすがの立ち上がりで
す。
重量は約60g。
高さはドリチを抜いて33ミリです。
同社のSubzero X Competition MODと組み合わせることで真価を発揮します。
カラバリもMODに合わせてCopper、SS、Black SS、Blassの4種類。
精度が高くてOリングが固すぎるとかユルユルだとかいうことが無いです。
気持ちよくハマるし、気持ちよく外れる。
エアフローはサイドの4連穴の開け具合で調整するシンプルな構造。
デュアル前提です。
前回にすると呼吸レベルのスカスカ。
いっぽう絞ろうと思えばいくらでも絞れるので、コイルのサイズなどに合わせて調整可能。
チャンバーチューブとデッキの位置も固定されてないので、コイルの位置にエアホールを持ってこれます。
デッキのワイヤー固定方式が素敵です。
ポストの床部分と円柱でワイヤーを挟む方式。簡単に言えばクランプですが、コイル足の通しやすさとか細かい部分でよく考えられてるな、という印象。
ウェルも5ミリほどあるので、ある程度のチェーンを想定されています。
まず、こいつ本来の仕事をさせようと思ってゴツめのクラプトンを積みました。
かなりコイルボリュームあったんですが、コンタクトピンを介さないハイブリッド接続、さすがの立ち上がりです。
25ミリのRDA。
重量は約60g。
前回にすると呼吸レベルのスカスカ。
いっぽう絞ろうと思えばいくらでも絞れるので、コイルのサイズなどに合わせて調整可能。
チャンバーチューブとデッキの位置も固定されてないので、コイルの位置にエアホールを持ってこれます。
デッキのワイヤー固定方式が素敵です。
ポストの床部分と円柱でワイヤーを挟む方式。簡単に言えばクランプですが、コイル足の通しやすさとか細かい部分でよく考えられてるな、という印象。
ウェルも5ミリほどあるので、ある程度のチェーンを想定されています。
まず、こいつ本来の仕事をさせようと思ってゴツめのクラプトンを積みました。
かなりコイルボリュームあったんですが、コンタクトピンを介さないハイブリッド接続、さすがの立ち上がりです。
数パフで部屋真っ白。
いかにも競技用って感じ。
次に、いつもの単線で組んでみましたが、悪くないです。
エアホール1つか0.5ぐらいに絞ってドンピシャの位置にマイクロコイルを持ってくると、まあまあ美味しい。
ただ、わざわざ25ミリのこのドリッパーで味追求するかっていうと本来的じゃあないですけどね。
ちょっと残念だったのは、よく見るとRDAとMOD、SSの質感が微妙に違うんすよね。
RDAのほうがやや黄色いっていうか。
まとめます。
0

【Modレビュー】Sub Ohm Innovations Subzero X Mech Mod レビュー

【Modレビュー】Sub Ohm Innovations Subzero X Mech Mod レビュー

スポンサーリンク

はい、どうも。

ポケモンの映画見てきました。
初代から金銀あたりメインの話ということで、
1985年生まれの自分としてはドンピシャな世代だったのでいろいろ感慨深いのと、
年齢を重ねたこととと、息子の存在で涙腺ガバガバになっているので3回ほど泣きました。

キッズに混じって泣いているおじさんを見ても、
そっとしておいてあげてください。

僕の年代の男ならポケモンは必ずと言っていいほどやってますし、
あれから20年ですからね。

20年前にミュウツーの逆襲とか見てた人間が、今度は息子とポケモンの映画を見てるなんて想像つきます?
そう考えるとすごいコンテンツだなぁと思います。

今日はSub Ohm Innovations Subzero X Mech Modのレビューです。

実は一個前?のモデルのSubzero Legendaryは持っていまして、
SOIの設計は大好きです。

Healthcabinさんから提供頂きました。

というわけでHealthcabinさんオファーありがとうございます!
Thank you Healthcabin!!

Healthcabinで購入する場合hcsamo10入力で10パーセントオフになります。

というか、中国系のショップでSubzero置いてあるってすごいよね。
どうしてもアメリカからだと送料とか、カード通らないってのがあるから買いやすいことはいいことだ。

担当者にもSubzeroは素晴らしい、いい商品仕入れたねとPreの時にチャットしたくらいです。

はーい、どうでもいい話は置いといてレビューに行きましょう。

簡易スペック

1. Three Piece Clutch Contact
2. Interchangeable Sleeve
3. Hybrid 510 Connection
4. Locking Switch
5. High Flow Battery Safety Vents
6. Reverse Battery Protection
7. Internal Short Protection Sleeve
8. 25mm Diameter x 96mm Length
9. Single 18650 Li-ion Battery (Not Included)
  • Subzero独特のクラッチシステムは4ピースから3ピースに変更
  • Subzero以外のアトマもハイブリッド接続可能
  • ロックあり
  • バッテリー逆刺し防止付き
  • 25mm径
  • スリーブ交換可能
  • ショート対策用の絶縁スリーブ付き

なんというか、ホント使いやすくなりましたね。

もともとSubzeroのModはアトマとセットで使うものという割り切りが必要な設計だったので、
汎用性も上がって正統進化という感じです。

箱とか

高級感のある箱です。

前のモデルもこんな箱だったとは思います。
申し訳ないが、Vape用品でクローゼットがあふれかえっているので捜索はできない。

マニュアルと、おなじみの金属のシリアルナンバーの書いてあるプレート。

と、本体。

自分に来たのはブラックですねー。

仕上がりはきれいです。
前から継ぎ目が見えなくなるくらいきれいなつくりなので、
ここは言うまでもないでしょう。

解説とか

左がSubzero Xで、右がLegendaryです。

Legendaryはもともと長いので、あんまり比較にはならないけど、だいぶ短くなってます。

どちらもSubzero RDA専用仕様じゃない状態です。

ばらすとこんな感じ。

他のメーカーのアトマ使うための510スレッド用のパーツと、
スイッチ、スリーブ、本体、絶縁用のスリーブ。

スリーブ抜くときにチーンという金属の音が鳴ってたまらないです。

510用のパーツはこんな感じ。

Legendaryはテーパーかかってて、24mmのボディなのに22mmが合う感じになってましたが今回は平です。

スリーブと本体。

スリーブはオプションパーツで変えられるみたいだけど、
売ってないんですよね。

色々出たら買います。

本体のスイッチ側の穴はベントホールです。

スイッチ。

クラッチシステムの説明しようかと思ったけど、
スイッチばらすとマグネット割れたりするマンなので今回はなしで。

他の人のレビューを見るんだ。

ロックは黒い部分を引っ張って回すとかかります。

このロックは正直機能は十分なんだけど、Legendaryの圧勝です。

Legendaryのロックは至高なんですよね。
回すだけでカチッとロックがかかって、しかもその感覚がたまらない。

Glassとかのロックと同じイメージでいいかなと思います。

バッテリーはいつものマイナスが↑でプラスが↓。

ここは気を付けましょう。
まぁ今回は向きを間違えてると通電しませんが。

バッテリーさした状態でセットで使うとこんな感じ。

Legendaryのハイブリッド状態と同じくらいの長さです。

ここからまだSubzero Xは変形を残している。

アトマとMod両方とも510用のパーツをパージ。

これだけ短くなります。

正直Legendaryの時は長すぎた。
自分は断然SubzeroXのサイズ感がいいです。

Kennedyのセットアップはちょっと短いかなと思うこともあるけど、
これはちょうどいい長さです。

色々乗っけようかと思ったけど、正直SubzeroはSubzero同士で使うのが一番です。
それは変わりないと思う。

なので、いろいろ乗っけるコーナーはなしです。

まとめ

  • LegendaryとShortyの中間くらいのイメージ
  • ほかのアトマも乗せやすくなった
  • 安全性もアップ
  • スリーブで個性を出せるように

正直今から買うなら断然Xです。

正統進化という言葉がぴったり。
使いやすくなったSubzero、ミスファイアもないしいいです。

かなり気に入りました。

色がたくさんあるので、検索結果張っときます。
20%オフの時とかに思い切って買うのもアリだと思います。

何もないときでも、 クーポンコードhcsamo10で10パーセントオフです。

購入はこちらから

Sub Ohm Innovations SZX Mini RDA Atomizer Review

0

Sub Ohm Innovations Subzero X Tank Atomzier Healthcabin Review

Sub Ohm Innovations Subzero X Tank Atomzier Healthcabin Review

Sub Ohm Innovations Subzero X Competition RDA【VAPE・アトマイザー】

 進化して25mmになりました。

箱。

Introducing the SubZeroX RDA, another new innovative RDA by SOI featuring the biggest post system imaginable, this RDA is ready for your rowdiest builds. Grab one, build it and feel the power with SOI. Order the Subzero X Mod to complete your Subzero X competition series set up.

 

こんな感じで

 

はい。

こちらはhealthcabinの提供でございます。

25mm径、高さ全部込み48mm。
ハイプレッシャーピンクランプシステム!
まぁ見ていけばわかるさ。

パーツ構成。
510アダプターまで外しちゃいましたが単体で使う場合は外す必要はないです。

付属品。

ドリップチップ。
ハーフインチです。
一番上で外径13mm、内径10mm。

トップキャップ。
エアホールが2方なので基本的にデュアル前提。

裏は平ら。

スリーブ。
3mmのエアホールが4つ2方に。

ハイプレッシャーピンクランプシステムのデッキ。
ピンをイモネジで押さえる構造になっています。
それによって太いワイヤーもがっちり押さえられるぜ!的な感じです。

分解したほうがわかりやすいかと思ったんですけどわかる人はこれでわかるだろうということでまぁいいかなと。
ざっくり説明するとホフマン式ピンチコックみたいな構造です。

510アダプターを外した状態だとこんな感じ。
後日レビュー予定のSZX Competition Modと合体変形できます。

510アダプター。
アトマイザー単体で使う場合はこれが必要。

アダプターをデッキに付けるとこんな感じ。
コンタクトピンはかっつり出ています。

510アダプターを付けたり外したりはこの・・・何?
ツールを使います。

とりあえずこのデッキがどれくらい余裕があるかというと

フラットクラプトンを2本通してもまだ余裕があるくらい。

そんなデッキでどんなビルドをしようかと考えた結果

クアッドバーチカル。
これで0.3Ωちょっと切るくらい。

Introducing the SubZeroX RDA, another new innovative RDA by SOI featuring the biggest post system imaginable, this RDA is ready for your rowdiest builds. Grab one, build it and feel the power with SOI. Order the Subzero X Mod to complete your Subzero X competition series set up.

ちょっと斜めった。
そしてやってからホライゾンタルでもよかったなと思った。
とにかく4本くらいなら楽々締めてくれます。
ウェルも深めなので4コイルでも余裕。
6~8コイルでもいけると思う。
(実際にコイルを増やそうと思うとワイヤーホールが多いほうが楽なんですけどね。そしてめんどくさい。)
エアの量も充分です。
普通にデュアルコイルで組むならエアホールは半分くらいでいいでしょう。

基本的にクラプトンなどの太いワイヤー向きのデッキですが応用を利かせればなんでもできそうです。
個人的にクラプトンはあまり使わないのでコイルを増やす方向で使っていこうかと。
デザインが武骨な感じなのでそこで好き嫌いが分かれそうですけど
「それがいい。」
と思う人も多いんじゃないかと思います。

商品ページはこちら。
healthcabin Sub Ohm Innovations Subzero X Tank Atomzier
クーポンコード”HCMAT10”で10%OFFになります。

それでは皆様ごきげんよう。

Introducing the SubZeroX RDA, another new innovative RDA by SOI featuring the biggest post system imaginable, this RDA is ready for your rowdiest builds. Grab one, build it and feel the power with SOI. Order the Subzero X Mod to complete your Subzero X competition series set up.

アデュ~。

SMOK TFV12 Cloud Beast King Tank Review

Электронная сигарета Sub Ohm Innovations Subzero X Competition Kit

Электронная сигарета Sub Ohm Innovations Subzero X Competition Kit

  • Цена: 109.99$ за мех / 69.99$ за дрипку
  • Перейти в магазин
Сегодня я бы хотел вам рассказать о новом комплекте от компании Sub Ohm Innovations.
Речь пойдёт о неоправданно дорогом и самом безопасном на данный момент куске латунной трубы
механическом моде Subzero X, а также не менее дорогой дрипке Subzero X RDA.

Всех заинтересованных приглашаю под кат.

Информация для тех, кто не желает видеть обзоры электронных сигарет у себя в ленте: в правом

верхнем углу страницы нажать на «Настройки». Далее перейти на страницу «Показ материалов». В

открывшемся окне отметить «Электронные сигареты» и нажать на кнопку «сохранить настройки». После

проделанных действий вы больше не будете лицезреть неприятный вам материал.

Приехал девайс из магазина HealthCabin EMS’ом за неделю.

Упаковка и комплектация

По сути, это два разных девайса и китовой версии не существует, но представлены они одновременно и

под одним названием, так что будем рассматривать именно как единый набор.

Поставляются в коробках из плотного картона.

На обороте особенности, характеристики и пометка о том, что данные девайсы противопоказаны людям с

руками растущими из пятой точки.

В комплект мода входит, собственно, сам механический мод, краткая инструкция…

… и стальная карта оригинальности, которая даёт +100 к ЧСВ владельца.

На обратной стороне указан серийный номер девайса.

В другой коробке, помимо дрипки, находятся запасные о-ринги, винты, изолятор, два шестигранника,

инструкция, такая же карта оригинальности и специальный ключ, о предназначении которого расскажу

немного позже.

Конструктив Subzero X

  • Диаметр: 25 мм
  • Высота: 96 мм
  • Вес: 180 грамм
  • Вес с аккумулятором: ~227 грамм

Доступен в четырёх вариантах: медном, латунном, стальном и стальном, окрашенном в чёрный цвет.

Так получилось, что до знакомства с SZX я ни разу даже вживую мех не видел. Меня всегда манило

расположение кнопки на дне «трубы», но в то же время отпугивало, что за любой неверный шаг можно

заплатить своей конечностью. Как только появилась возможность обозреть этот якобы безопасный

девайс, решил таки рискнуть. Мои ожидания об удобстве использования подобного рода девайсов

оправдались на все 100%. В руке лежит просто шикарно и кнопку нажимать одно удовольствие, несмотря

на неуклюжее положение пальцев. Мех, дрипка и аккумулятор в сборе весят почти целых 300 грамм.

Довольно увесистая конструкция получается.

Переходим к подробному рассмотрению меха.

Сверху расположен гибридный коннектор, благодаря которому можно использоваться любые атомайзеры с 510-ым коннектором. При условии, что пин выпирает не менее, чем на 0.5 мм.

С внутренней стороны нас встречает первая защита — изоляционная пластина, которая предотвращает контакт аккумулятора с корпусом мехмода. Если снять гибридный коннектор, появляется возможность накрутить комплектную дрипку непосредственно на саму «трубу», предварительно отсоединив у неё 510-ый адаптер.

Резьбы сделаны очень качественно. Проблем с накручиванием нет.

Внутренняя часть мода скрывается за съёмным сливом.

В сети можно уже найти и кастомные варианты.

Так же слив прикрывает шесть крупных отверстий для вывода газов.

С внутренней стороны мода тоже с резьбами всё в порядке.

Вторая защита — пластиковая проставка, предотвращающая короткое замыкание о корпус мода при поврежденной изоляции аккумулятора. Но это в коем случае не означает, что в данный девайс можно пихать аккумы с деформированной термоусадкой.

Переходим к кнопке. Не закусывается. Нажатие плавное, приятное и беззвучное. Чего не скажешь о мехе Mad Dog от Desire. Там у кнопки ужасно небрежный ход и мерзкий, звонкий клик.

На верхней части расположен посеребренный плюсовой контакт. И тут тоже не обошлось без защиты. Вокруг контакта находится делриновая проставка с выступами, которые не дают минусовому контакту аккумулятора достать до «плюса» кнопки. Если же вы всё-таки всунули батарею «минусом» вниз, то мод попросту не будет реагировать на нажатие кнопки.

Выполнена из калёной меди вне зависимости от используемого материала корпуса меха.

Для разбора кнопки необходимо выкрутить единственный винт.

Что крайне не рекомендует делать производитель. Если во время манипуляций с кнопкой будет повреждён её механизм, то с гарантией можно попрощаться.

Перефразируя знаменитую фразу Сергея Дружко: «Сильное заявление, слушать я их конечно не буду», берём отвёртку и разбираем.

Внутри верхней части находится продолжение плюсового контакта.

Трехлепестковая система контакта. Лепестки тоже посеребрены и находятся в «свободном плаванье», т.е. никак не закреплены. Бывалые меховоды подсказывают, что сделано это для большей площади соприкосновения и лучшего контакта. Поправьте, пожалуйста, если это не так.

Все детали щедро сдобрены смазкой.

В нижней части толкателя кнопки реализована система блокировки нажатия.

Вот так это работает:

На дне выгравировано название устройства.

Конструктив Subzero X RDA

    • Диаметр: 25 мм

Высота: 43 мм

      • Вес: 71 грамм

    Так же, как и мех, доступна в четырёх вариантах.

    • Это, пожалуй, самая тяжёлая и крупная дрипка, которой я пользовался.
    • Сверху расположен делриновый дрип-тип непонятного размера. Немного шире привычных 810-ых. Сидит плотно. Мне он не понравился, т.к. не очень приятен для губ. Сюда явно напрашивается что-то с более широким внутренним диаметром.
    • Удерживается на одном о-ринге на топ-кэпе.
    • Другие безоринговые дрип-типы, которые у меня есть в наличии, никак не фиксируются и выпадают при малейшем наклоне.
    • Ход топ-кэпа туговат. Для регулировки обдува необходимо упираться пальцем в юбку и другой рукой уже крутить.
    • Сферическую обработку не завезли.
    • За обдув спиралей отвечают 8 отверстий, по 4 с каждой стороны.
    • Можно подстроить как душе угодно.
    • Переходим к самому интересному — дэке. Вы просто посмотрите на эти монструозные стойки. Пожалуй, нет такого билда, который бы в них не влез. Между ними находится изолятор.
    • Спирали прижимаются цилиндром внутри отверстий в стойках. К большому сожалению, эта прижимная пластина не соединена с винтами и не подпружинена.
    • Винты раза в два шире, чем те, что ставят в подавляющем большинстве атомайзеров. Комплектные шестигранники, к слову, весьма достойные и не болтаются внутри головки винта.


    • Казалось бы, что в дрипке такого размера должна быть соответствующая глубокая ванночка, но нет, с ней явно поскромничали.
    • Между отверстиями обдува и верхней гранью стенки ванночки есть ещё в запасе дополнительные пару мм. Но это всё равно не спасало меня от переливов.
    • В нижней части дрипки логотип SOI.
    • На дне атома 510-ый адаптер с посеребренным пином, который выкручивается тем самым специальным ключом.
    • Теперь можно накручивать дрипку непосредственно на мех без использования коннекторной площадки. Минусовой контакт тоже посеребренный.

Дегустация

    • Хотел намотать на 0.08 Ом, но как бы ни старался, получалось или 0.11 Ом, или 0.13 Ом, или даже больше. Остановился на 0.11 Ом.
    • 0.4*2 нержа + 0.1 нихром, 3 мм. Никаких трудностей при установке койлов нет. Но есть один нюанс. Спирали необходимо ставить немного выше, чем у меня, иначе они будут купаться в жиже.
    • Укладываем вату.

    • Смачиваем, накручиваем дрипку на мех и пробуем. Я бы соврал, если бы сказал, что не боялся нажимать на кнопку) При том, что я осознавал, что всё сделал как полагается, всё равно не покидало ощущение, что при каждом последующем клике что-то может пойти не так. Наверное, это волнение проходит со временем. Так вот, как это всё работает. Я не эксперт по тому, как должен жарить мех, посему в этом плане ничего не скажу. Для меня он, как говорится,

печёт

    • удовлетворительно. Буквально после пары затяжек корпус мода начинает стремительно нагреваться и спустя ~ 10 минут активного парения держать его становится уже не только не комфортно, но и немного страшно. Что касается вкусопередачи дрипки, то она звёзд с неба не хватает. Под свои койлы оставил два открытых отверстия обдува. Впрочем, слово «Competition» в названии чётко говорит о том, что вкуса тут быть и не должно, ибо это атом для соревнований по клаудчейзингу. На полностью открытом обдуве присутствует свист, на двух уходит, но некоторый посторонний шум остаётся. Соплей и протечек нет, но, как уже писал ранее, перелить элементарно. Гифка с жаркой.

Прощу прощения за тёмную картинку.

Примерка и сравнение размеров

    • SZX и SZX RDA с 510-ым адаптером.
    • SZX и SZX RDA без адаптера.
    • Т.к. сравнивать размеры с модами на плате нет смысла, будет фото только с Mad Dog.

Плюсы SZXВывод

    • :

      • Всевозможные защиты
      • Блокировка и мягкое нажатие кнопки без закусываний
      • Сменный слив
      • Качество изготовления
      • Возможность использования SZX RDA без 510-го адаптера

Минусы SZX:

      • Неоправданная цена
      • Габариты

Плюсы SZX RDA:

      • Стойки под любые билды

Минусы SZX RDA:

      • Неоправданная цена
      • Габариты
      • Неудачный дрип-тип
      • Скромная ванночка

Как заядлому «платоводу» мне было интересно попользоваться мехом, но взял бы я его себе на постоянку? Нет. Хоть этот девайс и оснащён всевозможными защитами от дурака, но лёгкий мандраж при использовании у меня так и не прошёл. А если вспомнить, что этот сетап стоит целых 170 баксов, то и вовсе находишься в диком недоумении. 170 баксов за латунную трубу и довольно посредственную дрипку? Извольте. Мне никогда не понять по какому принципу SOI, Comp Lyfe и прочие «бренды» генерируют такие цены на свою продукцию. Впрочем, некоторые покупают латунные расчёски по 100 баксов, так что почему бы и меху столько не стоить. Споры о том, что плата лучше мехов, считаю неуместными. Каждому своё. Это то же самое, что и вечное противостояние Android и iOS. В любом случае, если бы я и рассматривал для себя мехмод по такой заоблачной цене, то выбрал бы именно Subzero X только из-за превосходства над всеми остальными аналогами в плане безопасности. Могу рекомендовать к покупке, если слова «мехмод», «американский бренд» и «оригинал» в одном предложении заставляют ваше сердце биться чаще. Всем спасибо.

Товар предоставлен для написания обзора магазином. Обзор опубликован в соответствии с п.18 Правил сайта.

Wotofo Serpent RDTA 2.5ml Black Healthcabin Review

 

1 2