0

【MODレビュー】Voopoo Drag 157W Box Mod

Voopoo Drag 157W Box Mod

【MODレビュー】Voopoo Drag 157W Box Mod

はいどうも、
今日はテクニカルMODのレビューです。

が、頑張るぞい。

Voopoo Drag 157W Box Modという、デュアルバッテリーのMODです。

ちょいちょい他にもレビューしてる人いますね、
基本デュアル使いの自分の観点だと少し他の人と評価変わるかもなので、
まぁそこは好みの問題としてください。

あとはまぁ機能多すぎて、そこまで使い込めてないです。

ぶっちゃけVWあればいい人なので…

Healthcabinさんから提供頂きました。

というわけでHealthcabinさんオファーありがとうございます!
Thank you Healthcabin!!

簡易スペック

  • サイズ:D24mmH90mmW54mm
  • ワット数:5W-157W
  • バッテリー:18650*2
  • MicroUSB DC 5V/2.5A充電可
  • TC付き:Ni200/Ti/SS316/NC/TCR
  • VWカーブモード、TCカーブモード付き
  • 立ち上がり0.025秒
  • 超エキサイティング(本家の説明通り
  • バッテリーセル毎の電圧管理
  • 32bit GENEチップ搭載
  • ファームアップ可能
  • PC制御可能

こんな感じです。
基本的に全部入りでVOに近い立ち位置かな?

箱とか本体

黒光り

こんな感じで値段にそぐわない高級感。

  • マニュアル
  • ワランティカード
  • Geneチップの紙
  • USBケーブル

まぁマニュアルだけあればいいです。

解説とかいろいろ

カーボンっぽいんだけど何とも言えない感じのパネル。

こっちは取り外せません。
写真じゃ伝わりにくいけど、高級感は結構あります。

バックに入れてたらちょっと文字がかすれちゃったけど、
こちら側がバッテリーカバー側です。

DRAGと自己主張が強いですが、
BEASTとかもそうだけどこういうデザインは結構好きだったりします。

多分使い込んでるうちにこの文字は消えるでしょう。

ディスプレイと各種ボタン。

輝度は十分、ボタンも本体と同じ素材でしっくりきます。

バッテリーハウジング。
ここら辺もきれいに作ってありますね。

汎用品をぶち込んでおしまいじゃなくて、きれいに作られてます。
チェンさんが言ってたけど、出来損ないのBMIって言葉がしっくりくる。

下部に穴が開いてますが、ここからガスは逃げないので冷却用であろう。
ガス拭いたらパネルがポーンと飛ぶからいいでしょう。

ここまでの写真でもわかるように、
24mm幅ですが、多少エッジがあるのでツラにするなら22mmのアトマになります。

22mmだとこうで

24mmの例に使おうとしていた、TrickSterはあまり違和感がなかった。

こんな感じで少し乗っかった感じになるので、
自分は22mm使うかなー。

Goon22とかKennedy22とかもあるし。

操作方法

とりあえずよく使いそうな機能だけ抜粋

これがしたい こうしろ
電源ON/OFF ファイアボタン5クリック
モード切替 ファイアボタン3クリック
°F/°C切り替え それぞれの下限温度の状態で-クリック
TC時のW数変更 TC時にファイアボタン4クリック、再度ファイアボタンクリックで決定
スーパーモードに変更 抵抗値0.1-0.3Ωの時に130W以上選択
抵抗値ロック TC時に+-同時押し、ΩSETを選択
カーブモード設定 TC時に+-同時押し、M1~5を選択

カーブモードは1秒刻みで10秒間分設定できます。
1秒刻みだとプレヒート的に最初だけW数高めであとは一緒か緩やかに下げるとかしか使い道ない気はする。
まぁVOもそう使ってるし、こんなもんなんですかね。

自分は普通にVWだけで使ってますが、
普通に快適です。

立ち上がりは謳い文句の通りいいです。

あと充電はバランス充電なんで、楽でいいです。
しかも結構充電早い。

基本性能はバッチリなMODです。

まとめ

  • 見た目が好きなら買って損はないMOD
  • ちょっと重い
  • デュアルの充電がめんどくさい人にはお勧め
  • どちらかというと22mmと合わせるほうがしっくりくる
  • 質感は良い
  • TCもいい感じらしい(テストしてないし基準になるほどTC使ってないのでテストできない
  • 抵抗値を読んで自動でW調整してくれる機能は便利でもあり、めんどくさくもある
  • 電源オフ時に3回ほど通電する

こんな感じで結構僕自身は好きです。

立ち上がり早いっていうのは、
どちらかというとほかのチップがディレイかけてるところを削ったんじゃ…とも思わなくはないですが。

電源オフにする時にもちょっと通電しちゃうので、
そこは注意です。

W数も自動で替えてくれるのは良くも悪くもですが、便利機能は一通りありますし、
TCとかも煮詰めようと思えば煮詰められると思います。

デュアルでTC使う人がどれほどいるかは知りませんがね!

見た目に抵抗なければ普通にアリなMODだと思います!

購入はこちらから

Voopoo Drag 157W Box Mod

Latest 157W box mod from Voopoo, powered by dual replaceable 18650 batteries. It features Super Mode, which will be activated automatically under 130W wattage. Also it features fastest fire speed, 0.025s only.

Latest 157W box mod from Voopoo, powered by dual replaceable 18650 batteries. It features Super Mode, which will be activated automatically under 130W wattage. Also it features fastest fire speed, 0.025s only.

Top 5 vape products 2017

Voopoo DRAG 157W – release in black

Again in the zone of special attention the boxed Voopoo DRAG 157W, which once again appeared before us in a

new, or rather, in an updated style.

It is noteworthy that Voopoo DRAG 157W became a real breakthrough in 2017 and won the sympathy of users of ecig  around the world, becoming a frequent hedcheck hero.

 

DRAG already once experienced a “restyling”, then the manufacturers added the options for coloring the sidebar

mod, making it somewhat more expensive.

This time, the designers decided to dress it in black, and also updated the “fill” side inserts.

You just ask – and that’s it? Yes all. And, in fact, something else – the price of the updated device, as you

guessed, again increased slightly.

Now it’s for sure.

All elements of the puzzle coincided, Voopoo DRAG 157W can now be purchased in steel and black.

Why Voopoo did not immediately provide buyers with the option of choosing a color solution remains incomprehensible.

Apparently, this is part of the marketing strategy of the manufacturer.

In black, the boxmode looks much more profitable, and the colored panels and engraving contrast better with the body, which makes them much more expressive.

I agree, these Again in the zone of special attention the boxed Voopoo DRAG 157W, which once again appeared before us in a new, or rather, in an updated style.

 

The expected increase in power also did not happen. Here I will explain. Extreme novelty – Alpha One, which few impressed, is completed with exactly the same Gene chip as DRAG. The maximum power of the Alpha One is 222 W, from here it can be concluded that the board in drag racing is simply simple, sorry, astrated. Apparently, this is another marketing feature of the Voopoo team, otherwise the alpha with its obviously losing design would become useless to anyone, although it is so …

Nevertheless, Voopoo again attracted public attention to its flagship, which marked the beginning of the company’s angular corporate style,  in a word, it’s a stunning mod that is worth purchasing.